活動銀河核のX線を弱めたのはブラックホールに破壊された恒星か?


ブラックホール(black hole)とは、極めて高密度で、強い重力のために物質だけでなく光さえ脱出することができない天体である。 「black hole」という呼び名が定着するまでは、崩壊した星を意味する「collapsar(コラプサー)」などと呼ばれていた。光すら脱け出せない縮退星に対して「black
62キロバイト (6,823 語) - 2020年6月5日 (金) 01:28



(出典 sorae.info)


ブラックホールの威力が凄いのですかね…?
ブラックホールの謎は無限ですからね…

1 ヒアリ ★ :2020/07/18(土) 20:38:54.66

活動銀河核のX線を弱めたのは*ホールに破壊された恒星か?
7/17(金) 23:30
配信 sorae 宇宙へのポータルサイト

*ホールに吸い込まれていくガスは高速で周回しながら降着円盤を形成しており、*ホールの周辺では高温のプラズマでできたコロナが生じていると考えられています。*ホールそのものを見ることはできませんが、その周囲にある降着円盤やコロナから放射された電磁波を捉えることで、間接的に観測することが可能です。今回、ある銀河の活動銀河核から放射されるX線が急激に弱まった現象について、超大質量*ホールに破壊された恒星が原因ではないかとする研究成果が発表されています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b12289d23630ac8a9c017fb267001a08ae2c01f7


続きを読む

Related Posts