病気が治っても消えないのが「慢性痛」 悩む前に受診を


慢性疼痛(まんせいとうつう、英: chronic pain)は、“急性疾患の通常の経過あるいは創傷の治癒に要する妥当な時間を超えて持続する痛み”と定義されている。ここで相当な時間としては、3ヶ月、または、6ヶ月が挙げられている。慢性痛とも呼ばれる。ただし、癌性疼痛は除くことがある。反対の概念は急性疼痛である。
7キロバイト (725 語) - 2020年6月3日 (水) 04:43



(出典 amd.c.yimg.jp)


慢性痛って聞いた事無いけど病気が治っても痛みが消えない症状があるのですね…
痛みがある様なら受診する方が良いですね…

続きを読む

Related Posts