【異臭騒ぎ】「海の方から」「ガスの臭いがする」 神奈川・横須賀市で異臭騒ぎ 先月に続き…


三浦半島(みうらはんとう)は、神奈川県南東部にある半島である。 「みうら」という地名は古代から用いられており、『日本書紀』に「御浦」(みうら)と記載されていた。当時は朝廷の所領だったのでこう(「御」をつけて)呼ばれていたという。(半島全体を指し)万葉集では「御宇良崎」、(その後「御」の字は避けられ
13キロバイト (1,715 語) - 2020年6月28日 (日) 04:38



(出典 www.nippon.com)


ガス漏れか何か解りませんけど、早く原因究明して解決してほしいです…
犠牲が出ないうちに…

1 ごまカンパチ ★ :2020/07/18(土) 15:10:50 ID:l+eR45vl9.net

https://news.yahoo.co.jp/articles/7d83612679ca4d17c12bd6a0b9a3e36b7973979c
※リンク先に動画あり

 17日、神奈川・横須賀市で午前10時から11時にかけて、心配な通報が相次いだ。

「ガスのような、においがする」。
「海の方から漂ってきた」。

6月に異臭騒ぎがあった横須賀市で、17日午前、またしても異臭がするとの通報が相次いだ。
周辺住民は「駅で待っていた時に、あれ、何か焦げている臭いがするなと。生臭いようなんですが、焦げている臭いっていうんですか、そういう臭いがありました。
1時間くらいは臭っていました」、
「形容しがたい臭い...何ていうんだかわからない。そんなに長い間じゃなかった」、
「臭かったです。ガソリン? ガソリン? 授業中です」、「臭いねって、ザワザワなったよね」などと話した。

実は7月10日、野比海岸にクジラの死骸が漂着。
17日は、そのクジラをえい航する作業が行われていた。
しかし、消防に確認したところ、臭いとの関連は薄いという。

三浦半島での異臭騒ぎは、6月5日にも。
街の人は「すごく臭かった。普通のガスのにおいじゃない」と話した。
この時は、三浦市から横須賀市までの広い地域で、消防や警察に250件以上の通報が寄せられた。
消防や海上保安部などが原因を調べたが、特定できなかった。

三浦半島で再び起きた異臭騒ぎについて、災害リスクマネジメントにくわしい立命館大学の高橋学特任教授は、
「地震が起きる場合、活断層は動く場合であるとか、大規模な地滑り、斜面崩壊が起きているようなとき、岩石が割れているときには、よくそういった臭いがします。
1923年のいわゆる関東大震災の時にも、異臭騒ぎは記録されておりまして、きょうまた異臭騒ぎがしたということで、さらに気をつけないといけない状態と思います」

異臭に関係なく、日ごろから地震へ備えておくことは大切。


続きを読む