【テレビ】 片岡篤史:元プロ野球選手が新型コロナウイルス陽性 呼吸困難、体重10キロ減… 「直撃!シンソウ坂上」出演


片岡 篤史(かたおか あつし、1969年6月27日 - )は、京都府久世郡久御山町出身の元プロ野球選手(内野手、右投左打)・コーチ、野球評論家、YouTuber、タレント。芦屋大学で客員教授を務めていた。 中学校時代はシニアリーグのチームに入っており、後にPL学園で同学年のチームメイトとなるボーイ
38キロバイト (4,530 語) - 2020年7月12日 (日) 16:54



(出典 amd.c.yimg.jp)


ウイルス感染で呼吸困難・体重減ですか…
大変でしたね…
これからも身体に気を付けて頑張ってください!

1 朝一から閉店までφ ★ :2020/07/16(木) 10:27:55.13

2020年07月16日 テレビ
7月16日放送の「直撃!シンソウ坂上」に出演する片岡篤史さん(C)フジテレビ

(出典 storage.mantan-web.jp)



 元プロ野球選手の片岡篤史さんが、7月16日放送のバラエティー番組「直撃!シンソウ坂上」(フジテレビ系、木曜午後9時)に出演。片岡さんが「新型コロナウイルス」にかかったエピソードが紹介される。

 今回は、崖っぷちから生還し九死に一生を得た人たちのエピソードを、綿密な取材で作成した再現ドラマを交えて紹介する。

 片岡さんは、4月7日の夜、球界の先輩・高木豊さんと電話していた際、高木さんはしきりにせき込む片岡さんを心配し、病院に行くよう勧めた。片岡さん自身も熱っぽさを感じていたため、念のため病院へ。肺のCTを撮影した結果、肺炎と診断。PCR検査も行うと、結果は陽性だった。この時点では会話ができるほど症状が軽かったが、入院した夜に容体が急変し、肺が締め付けられるような状態で激しくせき込み、呼吸困難に。3日間、食事を取ることができず体重が10キロ落ちてしまい、死を身近に感じたという。家族との面会も許されず、孤独だった片岡さんを崖っぷちから救ったのは“ある人物”からのメールだった……。

 「知られざるスゴいシンソウ この人だれ?」のコーナーでは、中学1年生の時に芸能界にスカウトされ、9頭身の超美少女として話題となり、パリコレからバラエティー番組まで引っ張りだこだった女性をクイズ形式で紹介。さらに、2015年にハワイに移住し、家族4人でスローライフを満喫している女性も紹介する。

 番組のMCは坂上忍さんが務める。スタジオゲストとして「スピードワゴン」の小沢一敬さん、フリーアナウンサーの竹内由恵さんも出演する。

https://mantan-web.jp/article/20200715dog00m200072000c.html


続きを読む