【音楽】小室哲哉氏が音楽業復帰!秋元P要望で乃木坂新曲


小室 哲哉(こむろ てつや、1958年〈昭和33年〉11月27日 - )は、日本のミュージシャン、元音楽プロデューサー。東京都府中市出身。親は福島県出身。東京多摩振興特命武蔵国府中大使。元尚美学園大学芸術情報学部教授。妻はglobeのボーカルのKEIKO。従兄弟はアイドルグループCHA-CHAのメ
636キロバイト (97,337 語) - 2020年7月18日 (土) 02:59



(出典 pbs.twimg.com)


小室氏の復帰は良かったですね!
小室氏が秋元グループのプロデュースは意外だと思います!
今後も頑張ってください!

1 幻の右 ★ :2020/07/16(木) 10:44:09.91

小室哲哉氏が音楽業復帰!秋元P要望で乃木坂新曲
[2020年7月16日3時0分] 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202007150000666.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp
乃木坂46の楽曲を初めて手がける小室哲哉氏

(出典 www.nikkansports.com)



小室哲哉氏(61)が、乃木坂46の新曲「Route 246」(今月24日発売)の作曲・編曲を手がけ、音楽業復帰を果たすことが15日、分かった。

乃木坂46への楽曲提供は初で、作詞を手がける総合プロデューサー秋元康氏(62)とは10年ぶりにタッグを組む。

    ◇   ◇   ◇

小室氏は18年1月に音楽活動からの引退を表明し、同年4月リリースのアイドルグループ、ラストアイドルの楽曲「風よ吹け!」の作詞・作曲・プロデュースを最後に一線を退いていた。同学年の秋元氏や関係者からオファーを受け、2年3カ月ぶりの楽曲提供に至った。「多いなる友情と才能を持った秋元康さん、同じく近しい知人に1年間背中を押され、今回悩みに悩んで作曲・編曲を手掛けさせていただきました」と経緯を明かした。

かつて原田知世(52)や郷ひろみ(64)らの楽曲でたびたびタッグを組んできた秋元氏は「一度は引退した彼ですが、時々、会って食事をするたびに、音楽への熱い思いは消えていないことを知りました。いろいろな事情はあるのでしょうが、何とかもう1度、音楽に携わる機会を持ってほしいと思いました」と明かした。「この人は本当に音楽がないと生きていけないのです。音楽にのめり込むとまわりが見えなくなってしまう不器用な人です。そのせいで多くの方に迷惑もかけたのでしょう。でも、小室哲哉はそれを音楽でしか返すことができないのです」とフォローした。

「Route 246」はビートのきいたEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)系ナンバーで、「友情」がコンセプト。完成までに7回書き直したという小室氏は「友人の期待に応えたい一心で作りました。一貫した、らしさは表現されているのでは? と感じています」と話した。

同曲でセンターを務める乃木坂46の齋藤飛鳥(21)は、以前から小室氏のファンだと公言していた。「小室さんが乃木坂46のために曲を作ってくださったことが何よりもうれしく、また楽曲も『小室さん感』があふれていて、個人的にも本当にうれしかったです。この楽曲の曲調と乃木坂46の組み合わせで、どう化学反応が起こるか楽しみです!」と喜んだ。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

※前スレ
【音楽】小室哲哉氏が音楽業復帰!秋元P要望で乃木坂新曲 [湛然★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1594843013/


続きを読む