【コロナ研究】新型コロナ、数か月以内に免疫消失か 英研究


SARS-CoV-2)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の原因となる、SARS関連コロナウイルス(SARSr-CoV)に属するコロナウイルスである。日本の国家機関や主要な報道機関は「新型コロナウイルス」と呼んでおり、「新型コロナ」と省略される場合もある。 2019年11月に中華人民共和国湖北省武漢市付近
85キロバイト (9,761 語) - 2020年7月13日 (月) 16:30



(出典 afpbb.ismcdn.jp)


一度ウイルス感染するとウイルス感染の免疫力が無くなるって事ですか…?
コロナウイルスは恐ろしいですね…
気を付けましょう…

1 ごまカンパチ ★ :2020/07/14(火) 22:36:37.91

https://news.yahoo.co.jp/articles/b19d337af71efbf2024cdf37836a13638165766a
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)から回復した患者の再感染に対する免疫は、数か月以内になくなる可能性がある。
研究結果が13日、発表された。
この結果は、各国政府が感染拡大をどのように制御するかに大きな影響を及ぼすことが考えられると専門家らは指摘している。

英ロンドン大学キングスカレッジ(King's College London)の研究者らが率いるチームは、この種のものとしては初となる今回の研究で、
感染が確認された患者90人以上の抗体レベルを測定し、その経時変化を調査した。

血液検査の結果、症状が軽度にとどまる患者でも、新型コロナウイルスに対する一部の免疫応答がみられることが明らかになった。
また調査対象者の60%に感染後の最初の数週間で「強力な」ウイルスへの応答が示された。

しかし調査開始の3か月後には、COVID-19中和抗体が高レベルで持続している患者は、全体の16.7%にとどまり、
血流の中に検出可能な抗体が存在しない患者も数人確認できた。
インフルエンザなどの他のウイルスでもそうであるように、免疫は「当然あるもの」ではなく、2~3か月しか持続しない可能性があることを、今回の研究は示唆している。

今回の研究結果について専門家らは、各国政府による感染拡大の次なる局面に向けた計画に影響を与える可能性があると指摘する。
こうした計画には、ワクチン研究開発の資金提供と組織化をどのように進めるかといったことも含まれる。

英ウォリック大学医学部(Warwi* Medical School)の名誉講師のジェームス・ギル(James Gill)氏はこの研究により、
新型コロナウイルスの拡散を、特に欧州のホリデーシーズン開始時に軽減させるための対策を各国が講じ続ける必要性が改めて浮き彫りになったと述べ、
また、抗体検査で陽性だった人でも「油断せずにソーシャル・ディスタンシング(対人距離の確保)や適切なマスクの着用などを続けるべきだ」とした。


関連スレ
【厚労省】コロナ抗体陽性者、全員に免疫機能 国内初確認(時事) [夜のけいちゃん★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1594707134/


続きを読む

Related Posts