【大相撲】7月場所、観客入れて開催決める 1日当たり2500人程度に制限 臨時理事会


大相撲(おおずもう)は、 日本相撲協会が主催する相撲興行。 がっぷりと四つに組んだ力士同士の力が拮抗する取組。取り組みがおおよそ4分を超えると「水入り」になる場合がある。 公益財団法人日本相撲協会が主催する大相撲(おおずもう)は、世界中で行われる相撲興行の中で、最も有名かつ権威のある競技興行である
88キロバイト (13,098 語) - 2020年7月16日 (木) 01:25



(出典 www.at-s.com)


人数制限はありますけど観客入れての大相撲が開催するのですね!
ウイルス感染しない程度に盛り上がると良いですね!

1 ばーど ★ :2020/07/13(月) 17:01:13.42

日本相撲協会は13日、東京都墨田区の両国国技館で臨時理事会を開き、大相撲7月場所(19日初日・両国国技館)の開催を正式決定し、観客を入れて実施することが関係者の話で分かった。1日当たり2500人程度に制限する方向という。当初は無観客開催を目指すとしていた。

新型コロナウイルス感染拡大や政府の緊急事態宣言を踏まえて5月の夏場所を中止しており、史上初の無観客だった3月の春場所以来4カ月ぶりに本場所が行われる。

予定より2週間延期された7月場所は、ウイルスの感染拡大防止の観点から大人数の移動を避けるため、開催地を通常の名古屋から国技館に変更した。力士らの原則的な外出禁止や出稽古(でげいこ)自粛などの対策を継続。専門家の助言を踏まえたガイドラインの作成など、7月場所に向けて準備を進めてきた。

7/13(月) 16:44配信 毎日新聞
https://news.yahoo.co.jp/articles/54a75328fd983f57bf962eec1212fe56fd411ea3


続きを読む

Related Posts