【プロ野球】<愛甲猛氏も証言!>「巨人・原監督」の超高額賭けゴルフ 愛車のトランクから100万円…


愛甲 (あいこう たけし、1962年8月15日 - )は、神奈川県逗子市出身の元プロ野球選手(内野手・外野手・投手、左投左打)・俳優・実業家・野球評論家・コーチ。 長男は、社会人野球クラブチームTOKYO METSの選手兼任コーチである愛甲大樹。 小学生から野球を始める。体が成長し始めた中学時代
33キロバイト (4,491 語) - 2020年7月15日 (水) 08:19



(出典 amd.c.yimg.jp)


愛車のトランクから現金なんて…
ねらわれませんかね…
気を付けて…

1 Egg ★ :2020/07/13(月) 09:25:29.00

本誌(「週刊新潮」)7月2日号が報じた特集「原監督の常軌を逸した賭けゴルフ」に対し、巨人軍は“高額な賭けゴルフをした事実は一切ない”と全面否定した。が、過去はやすやすと消せるものではない。ロッテなどで活躍した愛甲猛氏が、原監督との“激闘ラウンド”を振り返った。

 ***

「俺がまだロッテの現役だった1990年代の前半、原さんと一緒にラウンドしたことがある。でも、さすが“巨人のレート”には驚かされたね」

 そう明*のは、愛甲氏本人。80年、夏の甲子園で横浜高校のエースとして全国優勝の栄誉を手繰り寄せ、同年秋のドラフト1位でロッテに入団。東海大から巨人に進んだ原監督とは「ドラフト同期」という間柄である。

 7月2日号の本誌では、原監督と十数年前から一緒にラウンドしてきた50代男性が、プレーでは「ラスベガス」と呼ばれるルールなどで100万円近くが動いていたと証言。これに対し、当の監督は、

〈俺、500円以上の賭けごとはしたことないよ〉

〈(「ラスベガス」ルールは)知るか、そんなもの〉

 などと無関係を装い、また球団も、

〈知人と「ラスベガス」などといった高額な賭けゴルフをした事実は一切ありません〉

 と、大見得を切ってみせた。が、そうした弁明も、あえなく覆されそうな気配である。というのも愛甲氏によれば、

「原さんとご一緒したそのコンペは、シーズンオフの恒例だった『12球団対抗ゴルフ』というテレビ番組の企画。原さんと俺、そして先輩選手2人の組はハンデなしの“スクラッチ組”で、ラウンドレポーターのたけし軍団が密着していた。でも、テレビの収録とはいえ、俺たち選手同士は当然のように“握って”いて、ルールは高額レートの『ラスベガス』だったんだ」

 念のためおさらいすると、ラスベガスは数あるゴルフの“握り”の中でも最もギャンブル性が強く、点差もつきやすい「上級者」向け。1番打者と4番打者をペア(A組)にし、2番と3番が組む(B組)。A組が3打と4打で上がれば、多い方を一の位にして「34」。対してB組が4打と5打だったら「45」で、A組が11ポイントの勝ちとなる。

 が、仮にA組がバーディを奪えば、B組は一の位と十の位をひっくり返さねばならず、またダブルパー(パー4で8打)を叩いた組は同じくひっくり返すなどの決まりもあり、負けると大きいのが特徴だ。愛甲氏が続ける。

「原さんは面白くて、年齢が4歳下でドラフト同期の俺に『おまえ契約金いくらだった?』と聞く。俺が『4800万円です。原さんは8千万円でしたよね』と言ったら、冗談なのか本気なのか『うん、手取りでな』って。ちなみに俺は税込み。ロッテからしたら、巨人は金持ち球団にしか見えなくて、実際にプレーの時にも原さんは『今日、ラス(ラスベガスの略)は500円でいいよな』と切り出した。1ポイント500円という意味で、俺のフトコロは正直、きつかったんだけど、同じ神奈川の先輩にそう言われたら仕方ない。その頃、ロッテでは1ポイント100円でしかやったことがなかったから“やっぱり巨人だなあ”と思ったんだ」

つづく

7/13(月) 6:03 ディリー新潮
https://news.yahoo.co.jp/articles/bfaaad22320f054b120ded063c5f2294ca152394

写真

(出典 amd.c.yimg.jp)


続きを読む

Related Posts