【ボクシング】具志堅用高氏がボクシングジムを閉鎖へ 元側近が語る「会長の芸能活動」と「妻の介入」


拳(こぶし)(1979年) ふかぁ〜い具志堅用高のはなし(ぶんか社、2011年)ISBN 978-4821143214 具志堅良好!語録(宝島社、2015年)ISBN 978-4800244932 具志堅用敬(父):元漁師。第二次世界大戦後に石垣島に移住。用高の引退後、石垣島に具志堅用高記念館を開き館長を務めた。2019年9月8日没。
34キロバイト (4,521 語) - 2020年6月26日 (金) 15:53



(出典 i.ytimg.com)


ジム閉鎖は残念ですね…
まだまだ続けてほしかったけど…

1 砂漠のマスカレード ★ :2020/06/21(日) 18:17:06.03

元WBA世界ライトフライ級王者の・具志堅用高(64)が会長を務める白井・具志堅スポーツジム(東京都杉並区)が、7月末をもって閉鎖すると発表された。日本人初の世界王者・白井義男と共に1995年に開設された名門ジムに、一体、何が起きたのか。

 ***

「週刊新潮」では5月13日発売号で、具志堅ジムをめぐる“異変”について報じていた。元WBCフライ級王者・比嘉大吾をはじめとした所属選手たちが次々とジムを去り、さらには野木丈司トレーナー、そして元WBC王者でジム設立当初からいる友利正チーフトレーナーといった面々も、具志堅会長と袂を分かったという内容だった。

 友利氏は、具志堅会長の妻と女性マネージャーの“現場介入”が、問題の背景にあると証言する。

「あの2人と折り合いが良い人は、ジムには誰もいませんね。選手たちに対して『あれやっちゃだめ、これやっちゃだめ』と言ってくるんだ。さすがに練習内容には口を出さないけれど、減量中にお菓子を食べちゃだめとか、選手が自分のスポンサーを連れて来ると、ジムを通じて話せとか。間違ったことを言っているわけじゃないんだけど、とにかく頭ごなしに文句ばかり言うんです」

 具志堅夫人は10年ほど前から、女性マネは5年前から、それぞれこうした振る舞いをするようになったという。ジムを去った比嘉、野木氏とも、2人と関係は良くなかったと振り返る。

「彼女たちはボクシングに精通しているわけではないので、細かいことを選手に言ってはいけないんです。(比嘉)大吾も減量中、つまみ食いをしてガミガミ言われたと聞いています。本人だって食べちゃだめと分かっていて、カッカと気が立っている。苦しいのを分かっているトレーナーは、咎めたりせず、ちょっとだけポカリスエットを飲ませたりして、やる気を出させるわけです。そういうことがあの2人には分からないんですよね」

 こうした現場介入の一方、2人は事務所にお菓子を置き、選手の目を気にせず食べていたこともあった。見かねた友利氏が「試合前に事務所でお菓子は食べないでくれ」と注意したという。

突然「友利、辞めてくれないか」
 こうした些細なことの積み重ねが、選手やトレーナーたちの不信感を募らせていったという。「どうすれば選手たちの気持ちが掴めるか、もっと考えてほしかった」と友利氏は言う。彼女たちはもともとマスコミ対応やチケット関連、ファイトマネーの配分といった事務方を担当していた。なぜ現場介入するようになったのか。具志堅会長の“監督不行き届き”のせいもあったようだ。

「最終的には、あの2人に好きにやらせていた会長が悪いということになるよね。責任者なんだから。ただ、会長は外で仕事をしているから、なかなかジムを見られない事情はあった。ジムが上手くいっていた頃は、むしろ『選手は俺たちトレーナーに任せて、会長は外で稼いできてください』なんて思っていた。でも今となってはもう少し選手を見てくれていたら、とは思う。選手は会長がジムにいるだけで元気が出るものなんですよ。なんせ、世界チャンピオンなんですから」

 友利氏は4月下旬、突然、退職勧告され、ジムを辞めた。

「練習中にいきなり、ジムの隣のファミレスに会長と奥さんに呼ばれてね。『友利、悪いけど資金繰りが厳しくて、辞めてくれないか』って言われた。理由を聞いても何も言わない。たぶん、コロナの影響でジムの運営が苦しくなり、会長の仕事もキャンセルになったから、金がないんだと思う。ジムの運営は会長のタレント収入頼りの部分もあったからね。会長はまともに俺の顔を見られませんでしたよ。ジムができた当初から一緒にやってるし、同じ沖縄出身のチャンピオンだし、完全に友達でしたから……」

6/21(日) 17:00 Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200621-00637353-shincho-fight


続きを読む