パスワード管理ソフトBitwardenが便利すぎ!

パスワード管理ソフトといえば、無料で使える利便性の高いBitwardenが注目株です。

 

2016年に登場したこのソフトは、Webサイトのパスワード管理に最適な設計が行われています。

 

WindowsMacOSに加えてLinuxにも対応していますし、主要なWebブラウザーは全てカバー済みです。

 

AppStoreGooglePlayでそれぞれアプリも提供しているので、パソコンだけでなくスマートフォンにも対応しているわけです。

 

開発はオープンソースなのでセキュリティの信頼性が高く、洗練された画面デザインですから、使い勝手の良さも優れます。

 

 

個人利用なら2ユーザーまで無料でパスワードを共有できますし、月額1ドルの有料プランであれば、家族5人分まで一括管理が可能です。

 

1GBのオンラインストレージがついてくるので、写真の共有も行えるようになるのが魅力です。

 

一方ではビジネス用のプランも提供されており、1ヶ月5ドルで技術サポートありの利用が始められます。

 

上位プランでも1ユーザーあたり月額3ドルですから、非常にリーズナブルで利用を検討してみる価値があります。

 

Webブラウザーは拡張機能で対応するので、アプリを使用せずにBitwardenが使えます。

 

ただ、スマートフォンにもパソコンにも専用アプリは用意されていますから、Webブラウザを使わずに管理することもできます。

 

LastPass1Paswordなど、同様の機能を有するパスワード管理ソフトはありますが、後発だけあって洗練されています。

 

対応OSの数は圧倒的ですし、パスワードの保存数に上限なく、複数デバイスで使える点が強みです。

 

データの保存はクラウド、あるいは自分のサーバーが対象なので、管理の幅が広いのも魅力の1つだといえます。

 

LastPassはオープンソースではなく、クラウドのみの保存ですから、2008年の登場で実績はあるものの不安も残ります。

 

1Paswordは2006年に登場した古株で、クラウドとローカルのデータ保存に対応しますが、LastPassと同様にソースは公開されていないです。

 

後発ながらもBitwardenが注目を集めているのは、これまでの徹底的に解消した上で、安心安全に使える配慮があるからです。

 

既にこれらのパスワード管理ソフトを使用していても、インポート機能があるので乗り換えが簡単です。

 

スマートフォンアプリの評価は4を超えていますし、無料プランでも十分に使えることから、話題が話題を呼んでいます。

 

LastPassPremium価格の高騰で乗り換えを検討している方におすすめです。

 

パスワードは自動生成に対応しているので、アカウントを作成する度にあれこれと悩まなくなります。

 

クレジットカード情報も管理できるパスワード管理ソフトで、やり取りも保存も暗号化されていますから、こういったところも便利で安心です。

 

パスワードに限れば保存容量は無制限なので、今後どれだけパスワードが増えて大丈夫です。

 

2段階認証の採用で不正利用の心配はかなり抑えられますし、デバイスの対応力も高いので、同期して快適に使えるはずです。

 

上位のプランは、強力な暗号化済みストレージを始め、更なる2段階認証とデータ保管のレポート機能、優先されるカスタマーサポートなどがついてきます。

 

ブラウザが使えない環境にも対応する為に、Bitwardenはコマンドラインに対応しています。

 

 

実際にBitwardenを使ってみると、管理が快適で保存したパスワードが見つけやすく、安心と利便性が両立することが分かります。

 

とても無料とは思えない機能性ですから、LastPassと比較検討して迷っている人にもおすすめできます。

 

 

スマートフォンの利用であれば、指紋認証や顔認証といった生体認証のログインに対応します。

 

これでログインの手間すら解放されますから、パスワード管理ソフトとして最強と言っても過言ではないでしょう。

 

後発なので実績はこれからですが、既に3年の歴史がありますから、試しに使ってみても良いと思われます。

 

Bitwardenさえあれば、他のパスワード管理ソフトは不要になりますし、煩わしい管理の手間がなくなります。

 

Webサイトやスマートフォンアプリのゲームなど、何かと管理が必要なアカウント情報は増えていく一方ですから、効率的な管理方法の重要性が高まり続けます。

 

このソフトなら無料でも有償ソフトに引けを取りませんから、思い切ってデータ保存を任せたり乗り換えてみるのもありです。

 

完成度の高さはずば抜けていますし、パスワードを決めるのも保存して呼び出すのも容易なので、誰にでもおすすめできるソフトです。

 

パスワードは用途別にフォルダ分け可能ですから、簡単に目的のアカウント情報にアクセスできます。

 

Webサイトのアカウント情報については、自動的に入力してくれる機能があるので、入力の手間も解消です。

 

無料なのに簡単に時間も手間も節約できるので、前向きに導入を検討しないのは損でしょう。

 

オープンソースのクラウド式パスワード管理ソフトBitwarden