タバコをやめて1年たった!何が変わったのか?

タバコをやめてすぐに気がついたのは、タバコがいかに様々な感覚を鈍らせていたかです。

 

食事を食べても美味しく感じられなかったり、何かとイライラして美しいもの、可愛いものなどが楽しめなかったことを思い出します。

 

イライラは禁煙直後にも発生しましたが、落ち着いてからは何もかもが変わりました。

 

禁煙に成功してからも変化は続き、1年が経過して色々なことに気が付きました。

 

味覚が鋭くなった

 

 

1つは食べ物が感動するほど美味しく、何を食べても幸せだと感じられることです。

 

それは家族が作る料理を始めとして、B級グルメのお店やジャンクフードも同様です。

 

少し高級なお店で食事をしたところ、味覚の感覚が研ぎ澄まされて、語彙を失うほどの衝撃を受けました。

 

つまりそれくらい味覚が鋭くなり、どのような食材でも旨味成分が舌を幸せにします。

 

おかげで体重は順調に増えてしまい、ダイエットをせざるを得なくなりました。

 

しかし、自分でも大げさに思えるくらいに美味しさを言葉にするので、家族との会話が増えて外食も以前より楽しくなりました。

 

体重が増えたことは改善の余地ありですが、タバコをやめて幸せが感じられるようになったのは、喫煙中に想像もしていなかったことです。

 

お金の使い方が変わった

 

もう1つ変わったのはお金の使い方で、タバコの消費がなくなり節約できているのもそうですが、良いものを選んで買うようになりました。

 

1日40本以上吸っていたヘビースモーカーだったため、この1年間で約328500円のタバコ代が節約できた計算です。

 

以前は何でも良いという感じでしたが、今はお金の重みがわかるようになり、長く使える良質なものを使う楽しみを知りました。

 

長く悩むこともありますが、非常に考えてから購入を決めるので、どのものも愛着が湧いています。

 

ただ浪費するだけのタバコとは違い、長期的に使い続けられますから、経済的で心が豊かになります。

 

お気に入りは財布や万年筆で、どちらもそれなりに高額でしたが、何年でも何十年でも使い続けられそうです。

 

お金を節約したり貯蓄する楽しみにも目覚め、本当に欲しいものに使う意識の変化が起こりました。

 

体重とお金の使い方、この2つだけでもかなり変わったようで、周囲からは1年前とは別人だと言われます。

 

口臭が気にならなくなった

 

それともう1つ、口臭が格段に減って周囲を気にすることもなくなりました。

 

喫煙中は自覚がありませんでしたが、禁煙を始めてからは自分の口臭が気になり、念入りに歯を磨き過ぎて血が出たり、口臭ケアグッズを買い込んだりしました。

 

何時しか気にならなくなり忘れていましたが、現在は周りの人が顔をしかめたり、口臭について何も言うことはなくなっています。

 

軽く歯を磨けばスッキリ爽快なので、本当にタバコをやめて良かったと思います。

 

定期的に歯医者に通っていることもあり、黄ばんでいた歯は白さを取り戻し、清潔感があると褒められるようになりました。

 

体を動かすのが楽しくなった

 

美味しいもので体重が増えたので、最近はダイエットを兼ねて運動を始めました。

 

喫煙中は体を少し動かすと息切れしていましたが、今は体が軽い上に、スタミナも持続している感じです。

 

とにかく汗を掻くことが心地良く、運動後は頭がスッキリして幸せが全身を包みます。

 

筋トレは筋肉が硬く、大きくなる実感が得られますし、プロポーションが改善されていくのが楽しいです。

 

腹筋はまだ割れていませんが、もう少しで努力の成果が出そうです。

 

普段は間食やジャンクフードを避けていますが、筋トレとダイエットの効果が高まるチートデイが楽しみになっています。

 

我慢した分美味しく食べられるので、食べ過ぎが心配されますが、実際のところは少し多めに食べる程度で十分に満足できます。

 

メリハリのある生活で毎日が充実していますし、頭の回転が良くなって仕事の効率も改善されたようです。

 

お酒は割と飲みますが、あれこれ少しずつ色々と味わうのが新たな楽しみです。

 

休日は家でじっとしていられず、家族と散歩に出掛けたり、チートデイの日は食べ歩きをしたりします。

 

体調は良好で健康診断の数値も良く、病気になるリスクや不安は全く感じないです。

 

性格には余裕が生まれたのか、以前と比べてイライラしなくなり、怒る回数も減りました。

 

最近驚いたのは朝起きた時の顔つきで、むくみが少なくなったりあごの輪郭がハッキリとしたことです。

 

寝つきが良く目覚めも最高ですから、しっかりと眠りリフレッシュできている感じがします。

 

階段をのぼっても息切れせず、体にキレが出てきたので、体を動かすことが楽しくて仕方がないです。

 

付き合いで居酒屋に足を運ぶことがありますが、タバコの煙を吸い込むと不快感や拒絶反応が出ます。

 

以前の自分はこれを吸っていたのか、そう考えると嫌悪感を覚えます。

 

勿論、喫煙は個人の自由ですが、お金や心の余裕を損ね、結局は何も得られていない虚しさを感じます。

 

このような考え方の変化が起こったので、二度と喫煙することはないでしょう。

 

禁煙の失敗を懸念する必要はありませんし、仮にもし1本もらって吸ったとしても、1口で満足してもう良いとなるはずです。

 

色々と変わった1年ですが、全てが良い風向きになって、将来に希望を感じることができる心境です。