【研究】新型コロナの死因となる重篤な肺炎に大麻の有効成分「THC」が効果、動物実験で100%が生存


THC テトラヒドロカンナビノール (Tetrahydrocannabinol) 大麻の陶酔作用の中心となる有効成分。 Terminal Handling Chargeの略。 海上運賃一覧を参照。 全炭化水素 (Total HydroCarbons) ツネイシホールディングス (Tsuneishi
490バイト (62 語) - 2018年3月8日 (木) 15:47



(出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


大麻の有効成分がウイルス予防出来るとは…
動物実験では成功だけど…

1 ごまカンパチ ★ :2020/07/09(Thu) 07:57:08 ID:rB+yBezu9.net

アメリカ合衆国のサウスカロライナ大学のAmira Mohammed博士らの研究チームは、新型コロナの大きな死亡原因とされる「急性呼吸窮迫症候群(ARDS)」に*の有効成分である「THC」を用いる動物実験を行い、100%のケースで効果が確認されたことをジャーナル「Frontiers In Pharmacology」に報告しています。

急性呼吸窮迫症候群は重症肺炎、敗血症などの原因によって肺で炎症性細胞が活性化されることにより、肺胞や毛細血管に損害を与え、肺に水が溜まって重度の呼吸不全が引き起こされる、極めて重く危険な症状の総称です。
新型コロナウイルスによる肺炎が原因でこの急性呼吸窮迫症候群(ARDS)が引き起こされることはすでに知られていますが、その肺炎の発症時に起こるのが神経伝達物質サイトカインの放出です。
サイトカインは細胞から分泌される低分子のタンパク質の総称ですが、この中で免疫の働きを高めるものが「暴走」し、正常な細胞を攻撃して、炎症が広がって重篤化したり血栓症を引き起こす状況を「サイトカインストーム(免疫暴走)」と呼びます。
新型コロナの感染症においてはこのサイトカインストームが肺炎を重篤化させて急性呼吸窮迫症候群のトリガーとなり、最悪の場合は死に至ることになります。
*に含まれる、ハイになることでも知られる有効成分「THC」は、医療*の研究の中で抗炎症性物質として機能することがすでに広く知られています。

全文
https://www.excite.co.jp/news/article/Buzzap_64680/

★1:2020/07/08(水) 15:38:56.64
前スレ
【研究】新型コロナの死因となる重篤な肺炎に*の有効成分「THC」が効果、動物実験で100%が生存 [ガーディス★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1594190336/


続きを読む