豪雨被災地で再び大雨予想 広島では線状降水帯形成か


線状降水帯(せんじょうこうすいたい)は、「次々と発生する発達した雨雲(積乱雲)が列をなした、組織化した積乱雲群によって、数時間にわたってほぼ同じ場所を通過または停滞することで作り出される、線状に伸びる長さ50〜300 km程度、幅20〜50 km程度の強い降水
6キロバイト (731 語) - 2020年7月4日 (土) 06:04



(出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


広島も豪雨になるのですか…
万全の備えして気をつけてください…
被害がなければ良いですね…

続きを読む

Related Posts