【ボクシング】54戦無敗ワンヘンが引退表明 メイウェザー超えのミニマム級王者「全ての人に感謝」


ワンヒン・ミナヨーティン(Wanheng Menayothin、1985年10月27日 - )は、タイのプロボクサー、元ムエタイ選手。現WBC世界ミニマム級王者。マハーサーラカーム県出身。ポンサクレック・ウォンジョンカムなど多くの世界王者を輩出したウィラット・ワチララタナウォン(英: Wirat
17キロバイト (2,481 語) - 2020年6月23日 (火) 20:17



(出典 media.image.infoseek.co.jp)


54戦無敗は凄いですね!
引退は残念ですけど、無理しない事ですし…
お疲れ様でした!

1 幻の右 ★ :2020/06/22(月) 15:14:01.76

プロデビュー以来54連勝のワンヘンの決断を海外メディア報道

ボクシングのWBC世界ミニマム級王者ワンヘン・ミナヨーティン(タイ)が、現役引退を表明した。元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)の50連勝を超え、デビュー以来54勝無敗を誇っていた。防衛12度の王者の決断を海外メディアも報じている。

 34歳のワンヘンは2007年にプロデビュー。2014年11月に当時のWBC同級王者オズワルド・ノボア(メキシコ)にTKO勝ちし、王座に就いた。その後は防衛を重ね、2018年8月にはペドロ・タドゥラン(フィリピン)に勝利。V10を達成するとともに、メイウェザーの記録を更新する51連勝をマークした。その後、防衛は12度、連勝は54まで伸ばしている。

 米専門誌「ザ・リング」は「54勝0敗の世界記録を持つワンヘン・ミナヨーティンが現役引退を発表した」と見出しを打って記事を掲載。ワンヘンについて「4月25日のマルコ・ジョン・レメンティゾとの戦いで米国デビューを果たすところだった。しかし、カルフォルニア州のインディオで行われるはずだったこの試合は新型コロナウイルスの影響で中止となっていた」と紹介している。

 英紙「ザ・サン」によると、ワンヘンは自身のSNSで「ボクシングをやめることを決めた。自分の体のことは自分が1番よく知っている。みんなお金が必要だが、私は自分の体を健康な状態することを優先したい。私をサポートしてくれた人々に祝福を。私に力を与えてくれた全ての人に感謝する」と語っているという。

THE ANSWER編集部
2020.06./22(月) 14:53
https://news.yahoo.co.jp/articles/821b4334fb351e0d78d091f692eddcf329e7f818


続きを読む