【自民党】自粛要請中、務台俊介“おんぶ政務官”が長野に3回帰省していた!


務台 俊介(むたい しゅんすけ、1956年7月3日 - )は、日本の政治家、行政学者。自由民主党所属の衆議院議員(3期)。元総務省官僚。元内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官。神奈川大学教授(休職中)。本名は俊介。 長野県安曇野市(旧三郷村)出身。父・丈彦は教師で、梓川中学校長を退職後は豊科近代美術館長などを務めた。
16キロバイト (1,845 語) - 2020年6月26日 (金) 10:33



(出典 pbs.twimg.com)


コロナウイルスの影響で緊急事態宣言中に長野に行き来は良くないですよね…
しかも衆院議員の立場で…

1 ウラヌス ★ :2020/05/14(Thu) 21:00:33 ID:nuNBwofW9.net

 自民党の務台俊介衆議院議員(63)が緊急事態宣言発令後、東京都と地元選挙区の長野県を少なくとも3回往復していたことが、「週刊文春」の取材で分かった。自民党は党所属国会議員に対して緊急事態宣言の期間中の地元選挙区入りを自粛するよう要請している。

 務台氏は公式サイトで4月10日の活動をこう記していた。

〈本会議に出席の後、松本に戻る。塩尻市から安曇野市に引っ越ししたばかりの妻と娘の片づけを手伝う〉


(出典 bunshun.ismcdn.jp)

「おんぶ政務官」こと務台代議士 c共同通信社

緊急事態措置が全国に拡大した後の4月19日にも、長野で家族と散歩する写真をFacebookに投稿したが、後日削除。さらに、「週刊文春」の取材で、5月6日に松本市内で行われた親族の葬儀に参列していたこともわかった。

以降ソースにて
https://bunshun.jp/articles/-/37766
自粛要請中、務台俊介“おんぶ政務官”が長野に3回帰省していた!
週刊文春 2020年5月21日号



関連記事)
https://www.huffingtonpost.jp/2016/09/11/syunsuke-mutai_n_11968946.html
おんぶされて被災地を視察 務台俊介政務官に上司も呆れる「何やってんだ」 2016年09月11日 23時02分 JST
内閣府の務台俊介政務官(兼復興政務官)が9月1日、台風10号に伴う豪雨被害の視察で岩手県岩泉町を訪れた際、同行者に「おんぶ」されて水たまりを渡ったことで物議を醸している。

https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201908/20190817_33004.html
16年の台風10号で被災した岩手・岩泉 「生活橋」の復旧に遅れ 2019年08月17日土曜日

以上


続きを読む

Related Posts