九州北部の大雨特別警報は警報に切り替え 今夜にかけても警戒は緩めずに


あり、警報は注意報の上位に位置づけられるが、注意報はあっても警報は存在しない災害もある。 2019年5月に運用が開始された防災気象情報の警戒レベルでは、大雨警報および洪水警報は警戒レベル3相当(避難準備・高齢者等は速やかに避難)、高潮警報は警戒レベル4相当(速やかに全員避難)となっている。
32キロバイト (3,190 語) - 2020年6月23日 (火) 12:23



(出典 amd.c.yimg.jp)


大雨の特別警報から警報に変わりましたけど、警報ですから気を緩めずに万全の備えをして気をつけてください…
早く雨止んで安定になれば良いですね…

続きを読む

Related Posts