【映画】『トップガン』でマーヴェリックの相棒グースが迎えた結末に、グース役アンソニー・エドワーズが納得の回答


アンソニーエドワーズ(本名: Anthony Edwards, 1962年7月19日 - )はアメリカ合衆国の俳優。 カリフォルニア州サンタバーバラ出身。12歳のときから地元の劇団に参加し、数々の舞台に立った。その後南カリフォルニア大学演劇科で学ぶ。 1994年に始まったテレビシリーズ
7キロバイト (227 語) - 2019年6月7日 (金) 15:37



(出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)


トップガンの主人公の相棒が納得の回答してもらったんですね。
良い映画ですね!

1 鉄チーズ烏 ★ :2020/07/03(金) 19:33:02.31

2020-07-03
https://front-row.jp/_ct/17373826

(出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)


映画『トップガン』で主人公マーヴェリックの相棒だったグースが迎えた結末について、なぜあのような展開になったのかをグース役を務めたアンソニー・エドワーズが納得の回答をした。(フロントロウ編集部)
パイロットの青春描いた『トップガン』

 アメリカ海軍パイロットのエリート養成学校、通称“トップガン”に所属するエースパイロット候補生の挫折と栄光の日々を、瑞々しい青春&ラブ・ストーリーで描き出した映画『トップガン』。1986年に公開され、日本でも空前の大ヒットを記録した本作は、主演のトム・クルーズを一気にハリウッドのスターダムの頂点へと押し上げた名作でもある。

 2020年12月25日には34年ぶりの新作である『トップガン マーヴェリック』の公開が決定。新型コロナウイルスの影響により当初公開が予定されていた7月から、約半年の延期を経て待望の上映となる。

 新作にはトムがマーヴェリック役として続投、アイスマン役のヴァル・キルマーも参加している。『トップガン マーヴェリック』でトム演じるマーヴェリックは、しばらく表舞台から遠ざかっていたものの、かつて輝かしい功績を打ち立ててきたその腕を見込まれ、トップガンの教官として重要なミッションを任命され、帰還するという役。

※ここより先には、映画『トップガン』のネタバレが含まれます。 

■『トップガン』の重要キャラ、グースの結末

 1986年に公開された映画『トップガン』には、トム演じるマーヴェリックの相棒役として、優しく陽気なレーダー要員でアンソニー・エドワーズ演じるグースが登場した。温和な顔つきと口髭が特徴的な男性で、メグ・ライアン演じる妻のキャロルとその息子を愛するパパでもあった。

 しかし彼は物語中盤に不慮の事故で死亡。グースの死にショックを受け自責の念にかられたマーヴェリックは、それまでの好戦的な飛行スタイルから一気に自信をなくし、弱腰に。高慢だった態度から一変、落ち込み悩むマーヴェリックは、精神的な回復を待たずして出撃に出ることになる。しかしマーヴェリックは怖気づいて戦闘領域から逃げ出し、パニック状態に陥ったものの、そこで彼を救ったのもまた、グースだった。グースのドッグタグを握りしめ、名を呼ぶマーヴェリックの姿、そしてそこから力を得て再び大空に舞い上がる姿は、多くのファンを感動させた。

 そんな『トップガン』で、主人公マーヴェリックにとって重要な役目を担っているグースは、なぜ*なければならなかったのか?

■アンソニー・エドワーズが語る「グースが*だ理由」に納得

 グースが『トップガン』で死亡した理由について、グースを演じたアンソニーがあげた理由はごくシンプル。「ヒーローは苦しんで、克服しなければならないから」と納得の回答を米Yahoo! Entertainmentのインタビューであっさり語った。

 確かに、マーヴェリックは元々かなりやんちゃな性格。偉そうな態度で、上司に怒られても動じない、一匹狼タイプの人間だった。もしグースの死がなければ、悩みの壁にぶち当たることもなかったかもしれない。

 ちなみに、2020年12月25日に日本公開予定の新作『トップガン マーヴェリック』では、『トップガン』でまだほんの赤ん坊だったグースの息子が登場。演じるのは、映画『セッション』のマイルズ・テラーとなっている。(フロントロウ編集部)


(出典 Youtube)


続きを読む

Related Posts