名倉潤さんも休業するうつ病ってどんな病気?

utsu man 268x300 - 名倉潤さんも休業するうつ病ってどんな病気?

先日お笑いトリオ、ネプチューンの名倉潤さんがうつ病により約2か月間休養されるという報道がありました。

 

そこで今回は名倉潤さんがなったうつ病がどんな病気かについてお話しします。

 

まず一言で説明するのが難しい病気ですが気分が落ち込んだり、興味や喜びの衰退などの症状が長期間に渡り自身の身に起きることです。

 

人間気分が落ち込んでも時が経てば良くなります。

 

うつ病の場合は時間が経っても気分が落ち込んだままで何もやる気がなくなったり精神が不安定になります。

 

日常生活にも支障をきたす状態となりうつ感がいつまでたっても取れません。

 

年々患者数は増加していて日本では現在100万人以上の人が陥っています。

 

特定の誰かになるわけでなく誰でもなる病気です。

 

そのため自分は絶対にならないと考えていた人でも、ふと気が付いたらなっていたということがあります。

 

それほど身近な病気なので本当に怖い病気です。

 

うつ病の原因

 

次に原因ですが主にストレスが関係します。

 

仕事が上手く行かずにストレスが溜まり発症したと言う人や、離婚や家族の死別で発症することもあります。

 

特にストレスを溜め込みやすい人や普段真面目な人は発症する率が上がります。

 

研究者の中には遺伝も関係するという論文があります。

 

ですが、遺伝よりも圧倒的にストレスで発症する率の方が高いです。

 

うつ病の症状

 

次にどんな症状が出るのかと言うと、先程言ったように日常生活に支障をきたす程のうつ感に苛まれます。

 

今まで好きだったものに対しても好きじゃなくなったり不安を常に感じるなどの精神的症状が出ます。

 

他人から見ても明らかに暗い表情をしていたり元気がなかったりと分かります。

 

また、精神的症状だけでなく身体的症状も発症します。

 

身体的症状は様々ありますが例えば食欲がなくなります。

 

大食いの人でも食欲がなくなり食べる気が起きなくなるのです。

 

他には体のだるさが続いたり疲れやすい体質になりやすいです。

 

頭痛や肩こり、口の渇きなどの症状が出ることもあります。

 

人によって症状は違いますが重い人の場合は起き上がることも辛い程の症状が出る場合もあるので本当に怖い病気です。

 

基本的には精神的症状から発症することが多いですが、身体的症状から出る人も少なくないので注意が必要です。

 

うつ感が出ないから病気ではないという固定概念は捨てるようにしましょう。

 

病気を早期発見することが出来ればそれだけ治療も早く終わります。

 

うつ病かもと思ったら

 

次に病院での診断方法や検査についてです。

 

目に見える病気ではないので正確に診断を出すのが難しい病気です。

 

その中でも診断ポイントは精神的症状です。

 

抑うつ気分や楽しみや興味の衰退の2点が特に重要視されていて、2点の症状が2週間以上続く場合にうつ病と診断されます。

 

次に治療方法についてですが、治療方法は症状によって患者それぞれ違ってきます。

 

治療方法1つ目は薬物療法です。抗精神病薬や抗うつ薬などを使って精神を落ち着かせます。

 

ですが、薬だけで解決するのは望ましくありません。

 

ストレスが原因で発症することが多いのでまずはストレスから離れることが重要です。

 

なので2つめの治療法として休養があります。

 

休養は症状を回復させるためには非常に大切です。

 

今回名倉潤さんも2か月間休業するということですが、立派な治療方法の1つです。

 

3つ目は精神療法としてカウンセラーが患者と話しをしながら一緒にどうしたら解決出来るのかを考えます。

 

余りにも症状が重い場合は医師の判断で入院させることもあります。

 

このように様々な治療方法があり患者の症状に合わせて適切な治療をします。

 

うつ病を予防するには

 

一度なってしまうと治療が大変なうつ病ですが、ならないために自分で出来る予防方法もあります。

 

予防するにはまずストレスを溜め込まないことが一番です。

 

ストレスが原因で発症する可能性が高い病気なので、ストレスを溜め込まずに柔軟に受け入れるようにしましょう。

 

万が一ストレスを溜め込んでしまった場合でも上手く解消することが大切です。

 

ストレス解消法はたくさんありますが、例えば好きな音楽を聴いたり入浴をしたりと自分の好きなことをするのが良いです。

 

休みの日には気分転換で旅行に行くのも良い手です。気分転換をすることで日常で溜まったストレスを上手く開放することが出来ます。

 

それと十分な睡眠も大切です。睡眠時間が短いと寝不足で情緒が不安定になったりイライラしやすくなります。

 

ストレスを溜め込む要因にもなるため睡眠は十分に摂るようにしましょう。

 

適切な運動とバランスが良い食事を摂取することも予防の1つです。

 

身体の健康はもちろん、心の健康を保つためにもこの2つは重要です。

 

栄養バランスの良い食事を摂って少しでも良いので運動を行うようにすると良いです。

 

このような予防策があります。一度発症してしまうと自分も非常に苦しいですし、周りにも迷惑を掛けます。

 

そうならないように、ストレスを溜め込みやすい人はしっかりうつ病の予防対策は行うようにしましょう。

 

名倉潤さんも2か月間休業されるのでその期間しっかり治療をしてまた元気な姿が見られると良いですね。