【GPIF】公的年金運用、17.7兆円の赤字 新型コロナで過去最大 1~3月期


公的年金流用問題(こうてきねんきんりゅうようもんだい)とは、公的年金制度によって集められた年金保険料が、本来の年金給付以外の用途に安易に使われていた問題である。2004年(平成16年)の年金制度改正時に、一層厳しくなる年金財政の状況を踏まえた改革が進められていく中で、年金
13キロバイト (2,149 語) - 2020年6月26日 (金) 12:51



(出典 kumitateru.jp)


コロナウイルスの影響が酷いですからね…
早くウイルス終息してほしいです…

1 孤高の旅人 ★ :2020/07/03(金) 17:08:18.27

公的年金運用、17.7兆円の赤字 新型コロナで過去最大 1~3月期
7/3(金) 15:44配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/1afd1b7aa8341908ab0a90d9a650b02bdff68f20

時事通信
 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は3日、2020年1~3月期の運用損益が四半期として過去最大の17兆7072億円の赤字になったと発表した。赤字は5四半期ぶりで、新型コロナウイルスの流行に伴う株安が大きく響いた。この結果、19年度の運用損益は8兆2831億円の赤字に陥った。


(出典 Youtube)


続きを読む

Related Posts