【音楽】「永久不滅のパンク・アルバム 人気ベスト10」をローリングストーン誌が発表


パンクロック (Punk Rock) は、1970年代半ばから後半にかけて発生したロックのスタイルの一つ。パンクと略称されることも多い。 日本のパンクバンドについては、日本のパンクロックの項を参照。 1975年ごろにアメリカ、ニューヨークのロック・シーンに産声を上げ(ディクテイターズ、ラモーン
23キロバイト (2,636 語) - 2019年12月1日 (日) 23:33



(出典 images.rollingstonejapan.com)


永久不滅だから相当なハードでしょうね!
期待します!

1 湛然 ★ :2020/06/30(火) 22:41:55.32

永久不滅のパンク・アルバム 人気ベスト10
ANDY GREENE |2020/06/30 17:30 Rolling Stone Japan
https://rollingstonejapan.com/articles/detail/34153


ローリングストーン誌が選定した史上最高のパンク・アルバム40枚。その内容に賛否両論あったことは言うまでもないだろう。
ディーヴォやジョイ・ディヴィジョンはパンクではないとする意見もあれば、ブリンク182、ヤー・ヤー・ヤーズ、ホワイト・ラングといった、パンク黎明期に存在すらしていなかったバンドの選出を嘲笑する者もいた。
そういった読者の声を反映し、本誌が行った読者投票によって選出されたパンク・アルバム10枚を以下で紹介する。



1位 *・ピストルズ『勝手にしやがれ!!』

2位 ザ・クラッシュ『ロンドン・コーリング』

3位 ザ・ラモーンズ『ラモーンズの激情』

4位 ザ・クラッシュ『白い暴動』
5位 イギー・アンド・ザ・ストゥージズ『淫力魔人~ロー・パワー』
6位 ザ・ラモーンズ『ロケット・トゥ・ロシア』
7位 デッド・ボーイズ『デッド・ボーイズ登場!!~ヤング・ラウド・アンド・スナッティ』
8位 デッド・ケネディーズ『暗殺』
9位 ランシド『...アンド・アウト・カム・ジ・ウルヴス』
10位 テレヴィジョン『マーキー・ムーン』


※各アルバムの解説は省略、全文は引用元サイトをご覧ください。


関連
「パンク」史上最高のアルバム40選
https://rollingstonejapan.com/articles/gallery/31401


続きを読む

Related Posts