グラブはキッチン用品から生まれた 素手から始まったグローブの長くて深い歴史


グラブ (glove) とは、野球やソフトボールでボールを捕球するため、守備時に選手が利き腕と逆の手にはめて使う道具である。捕手と一塁手はグラブではなくミットと呼ばれる専用の物を使用するが、一塁手はグラブを使う場合もある。グローブともいう。 グラブやミットは大部分が皮革から出来ていて、競技用のものは
11キロバイト (1,717 語) - 2020年6月11日 (木) 09:31



(出典 news.nifty.com)


野球は最初素手だったのですか…
ボールを取る時が痛いですからね…

続きを読む

Related Posts