【アニメ】 14歳の妃が反乱軍に立ち向かう「雲のように風のように」7月1日、BS12で放送


雲のように風のように』(くものように かぜのように)は、酒見賢一デビュー作『後宮小説』を原作とするテレビアニメ。1990年3月21日日本テレビ系で放送された。 略称は「(くもかぜ)」。 原作は日本ファンタジーノベル大賞最初受賞作であり、主催三井不動産販売が一社提供
27キロバイト (4,746 語) - 2020年7月2日 (木) 02:18



(出典 eiga.k-img.com)


昨日放送だったのですね…
内容が良かったでしょうね!
また放送だと良いですね!

1 朝一から閉店までφ ★ :2020/06/30(火) 21:45:29.74

2020年6月30日(火)12:00

(C) ぴえろ・NTV

(出典 eiga.k-img.com)



ファンタジーアニメ「雲のように風のように」が、7月1日午後7時からBS12 トゥエルビで放送される。

同作は、日本ファンタジーノベル大賞の第1回大賞受賞作「後宮小説」(著:酒見賢一)が原作。テレビ特番として1990年に初放送された。軽い気持ちで新皇帝の妃(きさき)となった14歳の田舎娘・銀河(CV:佐野量子)が反乱軍の暴動に巻きこまれ、後宮軍を組織して軍に立ち向かうことになる。

アニメーション制作をスタジオぴえろ、監督を鳥海永行が務め、「崖の上のポニョ」の作画監督などを手がける近藤勝也がキャラクターデザインを担当している。


(出典 Youtube)



制作会社
ぴえろ
スタッフ情報

【原作】酒見賢一(新潮社刊)【監督】鳥海永行【企画】務台猛雄、嶋村一夫【脚本】宮崎晃【音楽】丸谷晴彦【キャラクターデザイン・作画監督】近藤勝也

雲のように風のように

あらすじ
時は槐暦元年、素乾国の皇帝が亡くなった。当時、皇帝には大勢の妻がおり、宮殿の裏手にある後宮と呼ばれるところに住んでいた。が、皇帝の死とともに皇太后となる王妃を覗いて、すべての妻たちは後宮を出ていくきまりになっていた。新皇帝コリューンのための、後宮づくりが始まった。国中から美しい女性が集められるのだ。緒陀県に住む少女、銀河もこれに志願した。
しかし、銀河は14歳の田舎娘。後宮とは勉強ができ、三食昼寝付の楽しいところと考えていた。そして何より銀河は、一度都を見たいと思っていたのだ。他の宮女候補生と共に半年間の後宮での教育を終えた銀河は、みごとに正妃に選ばれる。
しかしその頃、反乱軍の暴動が起こり、銀河たちの住む都まで攻め入ってきた。城の多くの男たちが逃げ出す中、銀河は他の宮女たちと後宮軍を組織し、敢然と立ち向かう。少女・銀河はいつしか愛のために戦う皇后・銀正妃として成長していた……

音楽
【ED】佐野量子「雲のように風のように」

キャスト
銀河:佐野量子 江葉:井上揺 タミューン:高畑淳子 菊凶:三ツ矢雄二 渾沌:小林昭二 コリューン:市川笑也 セシャーミン:麻上洋子 カクート:田村錦人 イリューダ:福田信昭

関連リンク
【公式サイト】http://pierrot.jp/archives/tv_list_1990/sp_003.html

https://anime.eiga.com/news/111457/


続きを読む

Related Posts