【大相撲】ぶつかり稽古など接触のある稽古を解禁 出稽古の禁止は継続


ぶつかり稽古ぶつかりけいこ)とは受ける側とぶつかる側に分かれて行う相撲の稽古のことである。当たる側は押す力、出足をつけて当り、倒れる際に受け身の稽古をする。当たった時に押せなかった場合は、首を押さえられながらすり足をさせられ、転がされる。受ける側はぶつかる側より、やや力の強い力士が行う。受ける側は
3キロバイト (465 語) - 2020年4月12日 (日) 22:30



(出典 www.at-s.com)


ぶつかり稽古解禁だけどウイルス感染に気を付けてください…

1 シャチ ★ :2020/06/25(木) 20:29:16.15

6/25(木) 20:26配信 共同通信
https://news.yahoo.co.jp/articles/640ea944ba3a199abe020b3371f17b3f19c646df

 日本相撲協会は25日、各部屋に対し、ぶつかり稽古など接触のある稽古の自粛を解除したと発表した。新型コロナウイルス感染防止対策として、4月上旬に通達。5月上旬以降は各師匠の判断に委ねていた。出稽古の禁止は継続するという。

 7月場所(7月19日初日・両国国技館)に向け、白鵬、鶴竜の両横綱は既にぶつかり稽古を再開。貴景勝、朝乃山の両大関など上位陣は相撲を取る稽古を始めている。相撲協会は親方や力士ら約千人に実施した抗体検査の結果や専門家の意見を踏まえ、出稽古再開の時期を協議していく。


続きを読む

Related Posts