【中国】中国、輸入大豆に新型コロナ安全証明を要求 米産農産品の輸入拡大に対する障壁として利用か (ロイター)


鉱工業総供給表(経済産業省)などが使われる。 海外商品を輸入する際、商品製造会社の子会社や正規の契約を結んだ代理店が輸入・販売するのではなく、他の業者が輸入すること。個人輸入代行も並行輸入に含まれる。輸入ルートが2つ並行することから、並行輸入(Parallel import)と呼ばれる。非正規ルート。
12キロバイト (1,908 語) - 2019年12月5日 (木) 05:25



(出典 www.newsweekjapan.jp)


米国→中国への輸出ですか。
コロナウイルスなど付着がなければ問題はありませんね。
品質に気を付けて…

1 ごまカンパチ ★ :2020/06/25(木) 00:30:30.60

https://news.yahoo.co.jp/articles/14e9d29d7a36860f4013119da72a9739ddaa3104
 米国・ブラジル・カナダの当局筋は23日、中国が輸入大豆について、新型コロナウイルスに汚染されていないとする安全性証明書を求めていることを明らかにした。
新型コロナウイルスが食品を通じて伝染するとの証拠はない。

穀物輸出業者2社はロイターに対し、社として中国の要請に応じるかはまだ決まっていないとし、国の農業当局または業界として統一した対応を望むと述べた。
米・ブラジル・カナダの農務省からのコメントは得られていない。

食肉や青果の輸出業者は先週、中国の海関総署が中国向けの輸出について安全性証明書への署名を求めたことを明らかにした。
中国の大豆輸出業関係者によると、安全性証明の要請は中国政府からではなく、地方自治体の通関当局からだという。
カナダの大豆業関係者によると、カナダ政府は中国の要請について、民間の事柄であり、証明書の提出について関与しないとの立場を取っている。

アイオワ州立大学の穀物品質の専門家、Charles Hurburgh氏は、大豆そのものよりも、荷下ろしに従事する港湾労働者の方が感染リスクの元凶になり得ると指摘する。
大豆の海上輸送には3週間以上かかり、ウイルスが宿主なしで生存できる期間より長いためという。

また中には、中国がこの問題を、米との第1段階通商合意で約束した米産農産品の輸入拡大に対する障壁として利用しているのではないかとの疑念を呈する向きもある。

中国は世界最大の大豆輸入国で、2019/20年度の輸入量は9400万トンとなる見込み。
主要調達先はブラジルと米国となっている。


(出典 Youtube)


続きを読む

Related Posts