【テニス】ジョコビッチ父は息子を擁護 「私たちにダメージを負わせた」とディミトロフ非難


ノバク・ジョコビッチ(Novak Đoković, セルビア語:  Новак Ђоковић, 1987年5月22日 - )は、セルビア・ベオグラード出身の男子プロテニス選手。ATPランキング自己最高位はシングルス1位、ダブルス114位。ATPツアーでシングルス79勝、ダブルス1勝。身長188cm
88キロバイト (8,891 語) - 2020年6月27日 (土) 09:47



(出典 amd.c.yimg.jp)


ウイルス感染ですか…
早く良くなって、また元気にテニスをプレー出来る様に…

1 ひかり ★ :2020/06/25(木) 12:47:21.45

 男子テニス世界ランク1位のノバク・ジョコ*(セルビア)は23日、新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応を示したことをツイッターなどで発表した。
自身が主催したチャリティー大会「アドリア・ツアー」で複数の感染者を出し、多くの非難を浴びている同選手だが、父親のスルジャン・ジョコ*氏は息子を擁護。
米メディアによると、感染が確認された同大会参加者の一人、グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)に批判の矛先を向けたようだ。

 米スポーツ専門局「ESPN」は「ノバク・ジョコ*の両親が、コロナウイルスを拡散させたとグリゴール・ディミトロフを非難」と題した記事の中で、
スルジャン氏がクロアチアのテレビ局「RTL」に対し
「なぜこんなことが起きたのかって? それはあの男(ディミトロフ)が病気の状態で来たからかもしれない。誰もどこから広がったかは分からない」と
ディミトロフに疑惑をかけたことを紹介した。

 さらに「彼(ディミトロフ)は、クロアチアとセルビアの家族両方にダメージを与えた。このような状況だから誰もいい気分ではないね」と同氏は続け、
批判の矛先をディミトロフに向けた。

 また同記事によると、ジョコ*の母親ディヤナさんは、セルビア地元紙「ブリツ」に対し、「(ジョコ*について)書かれていることは酷いわ。
でも私たちは慣れている」と話し、ジョコ*だけでなく、さらに妻のエレナが非難に苦しんでいることを明かしたという。

「アドリア・ツアー」では、多くの観客が社会的距離を取らずに観戦。大会期間中には選手たちが、クラブでリンボーダンスなどに興じる様子も報じられていた。
ジョコ*は自身のツイッターで新型コロナ感染を告白した際、「我々のトーナメントが迷惑をかけてしまったことを心から申し訳なく思う」と反省の言葉を記している。

THE ANSWER編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/d8653c6fde3c9774d67050e119d8a451f795f830
アドリア・ツアーでのジョコ*陣営。父・スルジャン氏は右から2番目

(出典 amd.c.yimg.jp)



(出典 Youtube)


続きを読む

Related Posts