【気象】西日本・東日本 26日にかけて 大雨の所も 土砂災害に厳重警戒 25日17:30


天気(てんき、英: weather)は、ある場所における、ある時刻もしくは一定の期間の、地表に影響をもたらす大気の状態である。 日本語において、「気象」が空に起こる現象を指すのに対して、「天気」は空の状態を指す。英語では"weather"で一括りにされる(厳密に定義すれば、気象は"weather
6キロバイト (448 語) - 2018年10月16日 (火) 14:54



(出典 newscollect.jp)


大雨ですか…
外出控える方が良いですね…
気象情報に気を付けましょう…

1 次郎丸 ★ :2020/06/25(Thu) 19:57:48 ID:gKJOljNH9.net

西・東日本 26日にかけて 大雨の所も 土砂災害に厳重警戒
2020年06月25日17:31 日本気象協会
https://tenki.jp/forecaster/keiko_mochizuki/2020/06/25/8756.html

■西・東日本 26日にかけて 大雨の所も 土砂災害に厳重警戒

西・東日本は、大気の状態が「非常に不安定」になっています。26日金曜にかけて雷を伴って「激しい雨」が降り、大雨になる所も。特に、九州北部では、25日夜遅く~26日朝は、1時間に50ミリ以上~80ミリ未満の「非常に激しい雨」の降る恐れがあり、土砂災害に厳重な警戒が必要です。

■25日木曜 50年に一度の大雨も
25日木曜は、梅雨前線上の低気圧が、日本海へ進みました。この低気圧や前線に向かって、大雨のもとになる「暖かく湿った空気」が流れ込んでいる影響で、西日本と東日本では、大気の状態が「非常に不安定」になっています。

このため、九州北部には、活発な雨雲が次々に流れこみ、長崎県では、25日明け方~朝は、「記録的短時間大雨情報」が3回も発表され、五島市、新上五島町では50年に一度の大雨になった所もありました。

■26日金曜にかけて 土砂災害に 厳重警戒
この大気の「非常に不安定」な状態は、26日金曜にかけても続き、西日本や東日本では、26日金曜にかけて、雷を伴って「激しい雨」が降り、大雨となる所もあるでしょう。

特に、九州北部では、これまでの大雨で、すでに地盤が緩んでいるのに加え、25日夜遅く~26日朝は「非常に激しい雨」が降る恐れがあります。「非常に激しい雨」とは、雨が滝のようにゴーゴーと降り続き、傘が全く役に立たず、車の運転は危険なレベルです。

26日18時までに予想される雨量は、いずれも多い所で、九州北部地方で150ミリ、中国地方と北陸地方で100ミリとなっています。土砂災害に厳重に警戒するとともに、低い土地の浸水、川の増水・氾濫に、警戒してください。


※以下省略


(出典 Youtube)


続きを読む

Related Posts