【訃報】落語家の柳家三寿さん死去 虚血性心不全74歳


柳家 三寿(やなぎや さんじゅ)は、落語家の名跡。 柳家三寿 - のちの4代目古今亭志ん好。 柳家三寿 - 本項にて記述。 柳家 三寿(やなぎや さんじゅ、1946年5月23日 - 2020年6月20日)は、宮城県気仙沼市出身の落語家。落語協会所属。本名、鈴木 猛。出囃子は「東京音頭」。噺の中にカラオケを組み込むことがある。
3キロバイト (294 語) - 2020年6月23日 (火) 13:13



(出典 images-fe.ssl-images-amazon.com)


まだまだ元気な歳ですけどね…
本当にお気の毒です…
ご冥福をお祈りいたします…

1 爆笑ゴリラ ★ :2020/06/23(火) 15:11:22 BE:569940775-2BP ID:407hW0tU9.net

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
6/23(火) 15:05
日刊スポーツ

落語家の柳家三寿さん(本名鈴木猛=すずき・たけし)が20日、虚血性心不全のため亡くなったことが23日、分かった。落語協会が発表した。74歳だった。通夜は25日午後6時、葬儀・告別式は26日午前10時から足立区西新井本町2の28の4の西新井ホールで行われる。

三寿さんは、明治大学卒業後、71年に5代目柳家小さんに入門。85年に真打ちに昇進し、三寿を名乗った。62歳の時に前立腺がんと判明したが、手術の勧めを断り、放射線治療も抗がん剤も受けず、自己流の食事療法を続けていた。得意なネタは「馬の田楽」で、著書に「落語家、医者に頼らずがんと生きる」。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200623-26230356-nksports-ent


(出典 Youtube)


続きを読む

Related Posts