【慰霊の日】沖縄戦75年、朝早くから遺族などが平和への祈り 糸満市・平和祈念公園


慰霊の日(いれいひ)は、沖縄県が制定している記念で、日付は6月23である。沖縄県および沖縄県内市町村機関休日でもある。 1945年6月23に沖縄戦組織的戦闘が終結したことにちなんで、アメリカ施政権下琉球政府及び沖縄県が定めた記念である。 毎年、この日には糸満市摩文仁平和祈念公園で沖縄全戦没者追悼式が行われる。
8キロバイト (1,214 語) - 2020年6月22日 (月) 16:22



(出典 amd.c.yimg.jp)


本日は慰霊の日ですね…
地上戦から75年になるのですね…
犠牲者のご冥福をお祈りいたします…

1 次郎丸 ★ :2020/06/23(火) 08:39:40 ID:7HvdCber9.net

沖縄戦75年「慰霊の日」 朝早くから遺族などが平和への祈り
2020年6月23日 7時42分 NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200623/k10012480131000.html

沖縄は23日、20万人を超える人が亡くなった沖縄戦から75年の「慰霊の日」を迎えました。新型コロナウイルスの影響で例年どおりの追悼が難しい状況ですが、最後の激戦地となった糸満市の平和祈念公園には、朝早くから遺族などが訪れ、戦没者を悼み、平和への祈りをささげています。

75年前の沖縄戦では、住民を巻き込んだ激しい地上戦で20万人を超える人が犠牲になり、沖縄県民の4人に1人が命を落としました。

沖縄県は旧日本軍の組織的な戦闘が終わったとされる6月23日を「慰霊の日」としています。

最後の激戦地となった糸満市摩文仁の平和祈念公園には、朝早くから遺族などが訪れ、戦没者の名前が刻まれた「平和の礎(いしじ)」の前で花を手向けたり、手を合わせたりしています。

祖父とおじを沖縄戦で亡くした豊見城市の65歳の男性は、「2人はどこで亡くなったのかも分かりません。両親も教えてくれませんでした。慰霊の日は子や孫に引き継いで、過去のことを忘れないためにも大切なことだと思う」と話していました。

平和祈念公園では、正午前から戦没者追悼式が予定されていますが、ことしは新型コロナウイルスの影響で、これまで5000人規模だった参列者を200人程度に減らして行われます。

県内各地ではこれまでに慰霊祭や平和学習が中止になるケースもあり、例年にも増して戦争の記憶の継承が難しい状況となっています。

一方、戦後造られた在日アメリカ軍の専用施設のおよそ7割が今も沖縄に集中しているうえ、アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設をめぐり政府と移設に反対する沖縄県の対立は続いたまま、埋め立てが進められています。

沖縄戦から75年のことしの「慰霊の日」は平和への誓いを新たにする一方、沖縄の重い基地負担を問い直す日でもあります。

※以下省略



関連
【沖縄県高2アンケート】「沖縄戦を語る家族や親族いない」生徒、初の半数超に(毎日)
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1592833630/




(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)


続きを読む

Related Posts