【サッカー】<長谷部誠(フランクフルト)>断トツトップ!…今季ブンデスリーガのフェアプレー選手ランキング


長谷部 (はせべ まこと、1984年〈昭和59年〉1月18日 - )は、日本のプロサッカー選手。静岡県藤枝市出身。ポジションは、MF、DF。ブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルト所属。元日本代表。著名な親族としては妻・佐藤ありさ(モデル・タレント等)がいる。
58キロバイト (6,408 語) - 2020年6月20日 (土) 12:49



(出典 amd.c.yimg.jp)


長谷川選手、ブンデスリーガでフェアプレーがトップは凄いですね!
今後も期待しますので頑張ってください!

1 Egg ★ :2020/04/09(木) 09:45:53.10

今シーズンのブンデスリーガにおけるフェアプレー選手ランキングをドイツ誌『ki*er』日本語版が8日に発表した。

「何よりフェアプレー精神を…」。これはサッカー界においても重要な言葉だ。ただ、ランクインした15選手にとっては当たり前の言葉かもしれない。 今シーズンのブンデスリーガ(中断前の第25節終了時点)において、ハンドを含むファール数が少ない選手たちをランキングで紹介する。

 頂点に立っているのは、“心を整える”あの元日本代表主将だ。フランクフルトに所属するMF長谷部誠は今シーズンのブンデスリーガで16試合(1410分)に出場し、合計4回のファールを記録。353分に1回のファールという計算で、2位のU-21オランダ代表MFジャバイロ・ディルロスン(289分)を大きく離し、唯一の300分台でトップに君臨している。

■ブンデスリーガのフェアプレーランキング

15位:カイ・プレーガー(パーダーボルン)
194分/1ファール(合計9ファール)

14位:アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム)
195分/1ファール(合計6ファール)

14位:ルカ・キリアン(パーダーボルン)
195分/1ファール(合計6ファール)
 
14位:フィリップ・ラインハート(フライブルク)
195分/1ファール(合計6ファール)
 
11位:セルジュ・ニャブリ(バイエルン)
202分/1ファール(合計8ファール)

10位:ローラン・ヤンス(パーダーボルン)
209分/1ファール(合計6ファール)

9位:ニルス・ペーターゼン(フライブルク)
217分/1ファール(合計9ファール)

8位:ルーカス・クロスターマン(ライプツィヒ)
219分/1ファール(合計9ファール)

7位:マティアス・ギンター(ボルシアMG)
219分/1ファール(合計9ファール)

6位:ジェイドン・サンチョ(ドルトムント)
225分/1ファール(合計8ファール)

5位:ダヴィド・アラバ(バイエルン)
256分/1ファール(合計7ファール)

4位:フェリックス・ウドゥオカイ(アウグスブルク)
262分/1ファール(合計5ファール)

3位:フィリペ・コウチーニョ(バイエルン)
276分/1ファール(合計5ファール)

2位:ジャバイロ・ディルロスン(ヘルタ・ベルリン)
289分/1ファール(合計4ファール)

1位:長谷部誠(フランクフルト)
353分/1ファール(合計4ファール

4/9(木) 8:30配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200409-01054808-soccerk-socc

写真

(出典 amd.c.yimg.jp)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)


続きを読む

Related Posts