しんどさを生む「気象病」とは?


気象病(きしょうびょう、英: meteoropathy)は、近年認知されつつある病名で、気象の変化によって症状が出現する、あるいは悪化する疾患の総称。症状は「天気が悪いと古傷がうずく」といった天気痛のほか、メニエール、喘息、めまい症、うつ病、頭痛、腰痛、肩こり、神経痛、関節炎、リウマチ、蕁麻疹、
4キロバイト (494 語) - 2019年6月9日 (日) 14:52



(出典 croissant-online.jp)


天気の気圧などで体調不良などになりやすいから医師に相談する方が良いでしょうね…

続きを読む

Related Posts