【伝染病】コンゴのエボラ流行、最大17人が感染し11人が死亡=保健当局


エボラ出血熱(エボラしゅっけつねつ、Ebola hemorrhagic fever; EHF; Ebola virus disease; EVD)は、フィロウイルス科エボラウイルス属のウイルスを病原体とする急性ウイルス性感染症。マールブルグ病、ラッサ熱、南米出血熱、クリミア・コンゴ出血熱と並ぶ、ウイ
75キロバイト (9,844 語) - 2020年6月7日 (日) 04:51



(出典 www.newsweekjapan.jp)


エボラは日本に感染していない様だけど、これからが解りませんからね…

1 ごまカンパチ ★ :2020/06/16(火) 22:00:59.14 ID:slFJ2/GA9.net

https://news.yahoo.co.jp/articles/52311c03e170010c5cfdcd0215cd6db7df8f4745
 コンゴ民主共和国(旧ザイール)保健当局は15日、同国西部エカトゥール州で発生しているエボラ出血熱の流行で、
最大17人が感染、このうち11人が死亡したと報告した。
先週には、12人の感染が報告されている。

同国はこのほか、はしかの流行にも見舞われており、6000人超が死亡。
さらに新型コロナウイルス感染者も4800人超が確認され、112人の死亡が報告されている。

国立生物医学研究所は日間の報告で、西部都市ムバンダカで6月1日にクラスター(集団感染)が発生して以来、
感染確認が14人、疑い例が3人把握されていると明らかにした。

世界保健機関(WHO)は、エクトゥール州では2500人超にワクチンを接種したとしている。
2018年以来、ムバンダカから1000キロ離れた同国東部でエボラ出血熱の流行が発生し、2200人超が死亡しているが、ワクチン接種が感染制御につながっている。


(出典 www.newsweekjapan.jp)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)


続きを読む

Related Posts