【映画】デヴィッド・リンチ監督自ら監修『エレファント・マン 4K修復版』予告編


エレファントマン』(The Elephant Man)は、1980年制作のイギリス・アメリカ合作映画 。デヴィッド・リンチ監督、脚本。メル・ブルックスがプロデューサーとして参加している。 19世紀のイギリスで「エレファントマン」と呼ばれた青年ジョゼフ・メリックの半生を描いている。
8キロバイト (419 語) - 2020年6月9日 (火) 23:51



(出典 pbs.twimg.com)


鑑賞料金は¥1100かかりますけど観る価値はありますね!
期待します!

1 コロコロコロナちゃん ★ :2020/06/10(水) 08:35:01.14

デヴィッド・リンチ監督自ら監修『エレファント・マン 4K修復版』予告編
シネマトゥデイ 2020年6月10日 1回


(出典 Youtube)


19世紀のロンドンで“エレファント・マン”と呼ばれた実在の青年ジョゼフ・メリックの生涯と、彼を取り巻く人々の交流を描いた物語。メリックにジョン・ハート、彼を研究対象として預かる外科医トリーヴズにアンソニー・ホプキンス。日本では1981年5月に公開され、国内外合わせたその年の全公開作品の中でナンバーワンの配給収入を記録。長編映画デビュー作『イレイザーヘッド』(1977)でカルト的な人気を得ていた弱冠33歳のリンチ監督の名を一躍世界中に轟かせることとなった。
(C)1980 BROOKSFILMS LTD
#エレファント・マン

https://www.cinematoday.jp/video/VIYTrpko9cE6jY


(出典 i.ytimg.com)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)


続きを読む

Related Posts