【軍事】中国戦闘機が台湾防空識別圏に一時侵入、警告受け圏外に


瀋陽飛機工業集団 (カテゴリ 中国の航空機メーカー)
用機・軍用機を製造した満州飛行機製造株式会社で、この土地と施設(滑走路など)を継承している。 中華人民共和国では「中国戦闘機の揺り籠」とも呼ばれ、これまでは戦闘機の製造などが多く、中国で初めての地対空ミサイル「赤旗1号」もここで製造された。現在、中型商用機「ARJ21」を開発で、その4分の1部分も
3キロバイト (307 語) - 2018年12月26日 (水) 11:43



(出典 news.biglobe.ne.jp)


戦闘機でも他の管轄に入ると国と国とのトラブルが発生しますからね…
気を付けないと…

1 ごまカンパチ ★ :2020/06/09(火) 19:45:57.01

https://news.yahoo.co.jp/articles/ca396b68f5f6df9f1e6c18e18fcf37f8eaccd7c8
 台湾の国防部(国防省)は9日、複数の中国戦闘機が台湾南西の防空識別圏に短時間侵入したため、空軍が警告を発したと明らかにした。
侵入したのは「Su-30」戦闘機。
国防部は、これらの戦闘機に警告の言葉を伝え、空軍機が圏外に「退去させた」と説明した。

中国はかねてより、台湾の蔡英文総統が独立を志向しているとして圧力をかけている。
先月下旬には人民解放軍の幹部が、台湾独立の阻止に他に方法がなければ武力行使も辞さないと述べた。

台湾は、中国がここ数カ月、台湾付近で軍の活動を活発化させていると批判。
米軍の艦船は不定期に台湾海峡を航行している。

台湾国防部は9日、別の声明で、米軍のC─40A輸送機が許可を得て防空識別圏に入ったと発表した。
台湾の空港には着陸しなかったとしている。

台湾メディアは、米軍機は沖縄の在日米軍基地から飛び立ち、東南アジアに向かう途上で台湾北部と西部の上空を通過したと報じた。


関連スレ
【台湾】台湾「親中派」韓国瑜・高雄市長のリコール成立 総統選の国民党候補 台湾初 [ごまカンパチ★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1591439192/


(出典 www.epochtimes.jp)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)


続きを読む

Related Posts