【F1】7月5日オーストリアで開幕。ヨーロッパ開催8戦のカレンダー発表……シルバーストン2戦目は”70周年アニバーサリーGP”に


フォーミュラ1 (F1レースからのリダイレクト)
F1世界選手権ポイントシステム F1世界チャンピオンの一覧 F1コンストラクターの一覧 F1コンストラクターズチャンピオンの一覧 F1歴代記録 ドライバー一覧 F1ドライバーの一覧 F1優勝者の一覧 F1ドライバーズチャンピオンの一覧 日本人ドライバー一覧 サーキット一覧 日本のサーキット一覧 F1選手権レースの一覧 F1死亡事故一覧
122キロバイト (17,234 語) - 2020年5月28日 (木) 15:47



(出典 img.news.goo.ne.jp)


F1レースは7月5日ですか!
70周年の様だし楽しみに期待します!

1 鉄チーズ烏 ★ :2020/06/02(火) 20:51:49.75

6/2(火) 18:04配信 motorsport.com 日本版
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200602-00000010-msportcom-moto

 F1は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、開幕が延期されていた2020年シーズン序盤8戦の開催カレンダーを発表。7月3~5日のオーストリアGPで開幕することを明らかにした。この開催カレンダーは、FIAによっても承認されているという。

 オーストリアのレッドブルリンクで開幕した後は、翌週にも同じレッドブルリンクで第2戦を開催。さらに翌週にはハンガロリンクで第3戦が行なわれる。そして8月2日と8月9日にはイギリスのシルバーストンで2週連続開催。そのうち2レース目は、”70周年アニバーサリー・グランプリ”と名付けられることになった。翌週にはカタルニア・サーキットに行き、8月30日のスパ・フランコルシャン、9月6日にモンツァと、ヨーロッパで8レースが行なわれる。

 今回のプレスリリースによれば、新型コロナウイルスの進行状況を見て、9戦目以降の開催カレンダーを確定させていく予定だという。そして、12月の最終戦までに、全15~18戦を開催したいとしている。この追加の開催カレンダーは、今後数週間以内に公開予定であるともしている。

 また、序盤の数戦は無観客での開催となるものの、状況が許せば、観客の入場も可能にしたいという。ただF1とFIAは、関係者全員の健康と安全は引き続き最優先事項であり、最高レベルの安全性を保証する計画が出来上がっていると主張している。

 F1のCEOであるチェイス・キャリーは、今回の開催カレンダー発表に伴い、次のようにコメントを寄せている。

「過去数週間、我々は全てのパートナー、FIA、およびチームと精力的に協力して、2020年のカレンダーを改定し、出来る限り安全な方法でレースを再開できることを目指してきた」

 そうキャリーCEOは語る。

「本日、序盤の8レースの開催カレンダーを発表できることを嬉しく思う。そして今後数週間で、全ての開催カレンダーを公開できることを楽しみにしている。全てのプロモーターとパートナーに、F1へのサポートと継続的な取り組みに感謝したい」

「現時点では、無観客でシーズンが始まることになると見られているが、今後数ヵ月の間に、状況が彼らを迎え入れることができるようになることを願っている」

「しかしF1の復活は、世界中のスポーツファンにとって、歓迎すべき後押しになることだろう」

 なお今回発表された開催カレンダーは、以下の通りである。

第1戦:7月3-5日 オーストリア(レッドブルリンク)FORMULA 1 ROLEX GROSSER PREIS VON ÖSTERREICH

第2戦:7月10-12日 オーストリア(レッドブルリンク)FORMULA 1 PIRELLI GROSSER PREIS DER STEIERMARK

第3戦:7月17-19日 ハンガリー(ハンガロリンク)FORMULA 1 ARAMCO MAGYAR NAGDÍJ

第4戦:7月31日-8月2日 イギリス(シルバーストン)FORMULA 1 PIRELLI BRITISH GRAND PRIX

第5戦:8月7-9日 イギリス(シルバーストン)FORMULA 1 EMIRATES 70TH ANNIVERSARY GRAND PRIX*

第6戦:8月14-16日 スペイン(カタルニア)FORMULA 1 ARAMCO GRAN PREMIO DE ESPAÑA

第7戦:8月28-30日 ベルギー(スパ・フランコルシャン) FORMULA 1 ROLEX BELGIAN GRAND PRIX

第8戦:9月4-6日 イタリア(モンツァ)FORMULA 1 GRAN PREMIO


(出典 amd.c.yimg.jp)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)


続きを読む

Related Posts