【音楽】<カラオケ>札幌「昼カラ」集団感染!店舗関係者ら「悪者扱いされた」高齢者「楽しみを奪わないで」


昼カラ店の種類は、1.夜営業するスナックが昼間カラオケ店を営業する業態。2.喫茶店、蕎麦屋など飲食店がカラオケ装置を設置し、昼間、カラオケ店を行う業態。喫茶店の行う昼カラは、「カラオケ喫茶」とも呼ばれている。3.カラオケボックスのの営業時間。4,近年、昼間カラオケを行う人だけを対象に開店した昼カラ専門店もある。
41キロバイト (4,863 語) - 2020年5月20日 (水) 02:05



(出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


カラオケ店でウイルス感染は残念ですね…
早く終息してほしいですね…

1 Egg ★ :2020/06/10(水) 09:35:18.97

高齢者らが日中にカラオケを楽しむ「昼カラ」を巡り、札幌市は9日、市内1店舗で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したと公表し、他の利用者にも強く注意喚起した。

介護予防や仲間づくりでカラオケを楽しむ高齢者や、感染防止に腐心する店舗関係者らは「悪者扱いされた」と困惑。介護や感染症の専門家は「適切な予防策を取った上で楽しんで」と助言している。

 「カラオケは健康に良くストレス解消になるので、感染に気を付けて楽しんでほしい。カラオケが悪いというわけではない」。札幌市保健所の三觜雄所長は9日の会見冒頭で強調した。

 一方でクラスター関連を除く5月以降の60代以上の感染者109人のうち24人が、陽性確認の日からさかのぼって2週間以内に昼カラを利用したことがあると公表。新たに認定されたクラスター以外は「感染源かは分からない」としたものの、利用に注意を促した。

高齢者「楽しみを奪わないで」

 「これじゃ、昼カラがコロナの温床と言われているみたい」。札幌市厚別区のカラオケ喫茶「深海魚」で9日、マスク姿で昼カラを楽しんだ同市厚別区の主婦(72)は不満を漏らす。

 道の休業要請の全面解除を受け、同店は2日から営業を再開。カウンター付近に飛沫(ひまつ)を防ぐビニールシートを下げ、客に検温や手指の消毒を求めるほか、来店を常連客に限るなど対策も強化した。特にマイクは1曲歌い終わるたびアルコール消毒し、毎日閉店後に分解して洗う。

 感染拡大前は主に60~90代が毎日20人ほど来ていたが、今の客足は多くて1日5人。同店のママ律子さんは「みんな元気にしているのか心配。なかなか来てほしいとも言えないし」と寂しそうに語る。

 函館市でカラオケ喫茶を営む男性(76)も、席数を半分に減らすなど感染対策を徹底。2日の営業再開後の客足はいつもの半分だが、60~70代を中心に1日10人弱の常連が訪れる。男性は「カラオケが生きがいの高齢者も多く、休業を続ければ孤立化してしまう」。

 札幌市中央区のスナックでも9日、昼カラを楽しむ高齢者がいた。3カ月ぶりに訪れた同市白石区の主婦(70)は「店はちゃんと感染対策をしていた。高齢者の楽しみを奪わないで」。6月に入り3度目の来店をした中央区の無職男性(71)は「1人暮らしで、自粛期間中は人に会わず1日中テレビを見て寝る生活だった。言葉もうまく出てこなくなった」と打ち明ける。


6/10(水) 6:10 北海道新聞
https://news.yahoo.co.jp/articles/7a818df09cb5e79bd502ba80b07f3984d18861fa


(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)
&list=PLt3TuKHenRT4OicD9gY10yuHjGL6d0pwQ


続きを読む

Related Posts