【比較】電気ポットややかんとどれくらい違う? 気になる電気ケトルの電気代を比較


やかん (電気ケトルからのリダイレクト)
形状が似た道具に急須があるが、直接火に掛けないなど、材質や用途は異なる。 電気ケトル(英: electric kettle, electric jug)は電気的に湯を沸かすケトルである。円筒形の背の高い本体側面に取っ手と注ぎ口が付き、容器内側の底面はそのまま電熱器となっている。電気コードがつながった電源ベース上部に本体を置き通
13キロバイト (2,034 語) - 2020年5月8日 (金) 13:37



(出典 simplelike0112.com)


電気ケトル使った事が無いけど電気代節約だと電気ケトルが良いかもですね!

1 Buzzy Mozzie ★ :2020/06/09(火) 23:11:03 ID:7wftyRLI9.net

あると便利な「電気ケトル」。初めて使う時はその水の沸騰の速さに驚いたのではないだろうか。最近はどんな人気ケトルがあるのか、電気ケトルと電気ポットでは電気代がどれくらい違うのか? 比較していこう。

「電気ケトル・電気ポット・やかん」の電気代などの違いを比較

電気ケトル、電気ポットの電気代を比較するとどれを使えば得なのだろうか。また、やかんを使った場合と利便性はどう違うのか。

使用用途によって使い分ける必要もあるので参考にしていただきたい。

電気ポットと電気ケトルの電気代! 比較すると?

電気ケトルは電気ポットより経済的だろうか。一般的な電気ポットの保温時の消費電力は、20~40W以上で保温も含めた電気ポットの年間電気代は約1万円以上、と大型冷蔵庫並みといわれる。

電気ケトルは必要な時に必要な分だけ沸*。ケトルの容量によっても異なるが、デロンギのモデルだと1L容量の製品が多く、1日2回満水を沸騰させても、年間電気代は約3000円程とされる。

電気ケトルの電気代とやかんを使った時の都市ガス代を比較すると?

電気ケトルで1回お湯を沸*のにかかる電気代は、カップ1杯分で「約0.47円」。一方、やかんで1回お湯を沸*のにかかる都市ガス代は「約1.97円」程度といわれている。電気ケトルの電気代の方が経済的といえるだろう。

プロパンガス代>都市ガス代>電気ケトルの電気代の順番で料金がかかる?

都市ガス代とプロパンガスのガス代を比較した場合、プロパンガス代は都市ガス代の約1.5~2倍の約3.36円程度だ。プロパンガスの環境でも当然、やかんより電気ケトルの方が光熱費を節約できる。 

電気ケトルが水をわ*速さを比較してみるとどれくらい?

一般的な電気ケトルの水が沸騰する速さは「1Lで5分30秒程度」。やかんの場合は、「水1Lを都市ガスで沸かしたとしたら、強火で2分50秒程度」かかる。

電気ポットの場合は、機種によって違うが「1Lの水の沸騰時間が10分程度」のものが多い。お湯を沸*だけなら、やかんが一番早い。

子供がいても安全な電気ケトルはある?

小さい子供がいる家庭は、お湯を使う際には注意が必要だろう。最近では電気ケトル等が転倒しても、中のお湯がこぼれにくい構造になっている「お湯漏れ防止機能」がついた電気ケトルが販売されている。

また、消費者庁では医療機関から、転倒した電気ケトルなどのお湯で、子どもがやけどを負った事故の情報が寄せられていると注意喚起している。

そのため安全性の高い「お湯漏れ防止機能」のある製品を選ぶようにしたい。

一般的な電気ケトルの価格帯はどのくらい?

一般的な電気ケトルの価格はどのくらいのものがあるのだろうか。シンプルな低価格のものだと1600円前後~、お手入れしやすかったり、安全性を高めるロック機能などがついた高機能なものだと1万3000円前後の製品が販売されている。

電気ケトルのおすすめ製品にはどんなものがある?

2020.06.09
続く
https://dime.jp/genre/924524/


(出典 dime.jp)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)


https://www.youtube.com/watch?v=ZSPS_5JLarI


(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)


続きを読む