【女子】バレーの妖精「白岩蘭奈」美しすぎてブロックできない!


白岩 蘭奈(しらいわ らんな、女性、1996年9月21日 - )は、日本のバレーボール選手。ニックネームはランナで、シャツネームはSHIRAIWA。V.LEAGUE Division1のKUROBEアクアフェアリーズに所属。 宮城県仙台市出身[1]。 2018年11月21日、新潟医療福祉大学史上初
5キロバイト (359 語) - 2020年2月26日 (水) 14:06



(出典 pbs.twimg.com)


バレーボールの美しい女子選手ですね!
良いですね!
これからも頑張ってください!

1 社会的弱者 ★ :2020/06/03(水) 10:22:16.75

https://news.livedoor.com/article/detail/18356602/

(出典 image.news.livedoor.com)


女子バレーボール界には、注目される美人選手が多い。ちょっと前なら、栗原恵(35)・木村沙織(33)・狩野舞子(31)など。その系譜を受け継ぐ “逸材” を、本誌は富山で発見した。Vリーグディビジョン1の「KUROBEアクアフェアリーズ」に所属する白岩蘭奈選手(23)である。

 なぜ、これほどの美貌を持つ彼女が、これまで脚光を浴びることがなかったのか?

 じつは彼女、宮城県立利府高時代は春高バレー出場がかなわず、無名に近い存在だった。その後、新潟医療福祉大に進むが、その理由も「大学でたくさんの資格と知識を取得し、将来スポーツ関係の仕事に就きたい」というもの。

 大学でもバレーを続けたが、「苦しいことのほうが多く、やめたい気持ちのほうが強かった」と振り返っている。ところが、事態は一変する。

「同大学は、インカレに出場するものの1回戦負けが多く、強豪とはいえませんでした。でも白岩選手は、チームのなかで図抜けた存在で、その活躍ぶりがVリーグのスカウトの目に留まったんです。

 結果、在学中の2018年11月に『アクアフェアリーズ』に入団。同大学からVリーグのチームへの入団は、初めてのことでした」(スポーツライター)

 2019年のサマーリーグでは、「フレッシュスター賞」を受賞するなど、その成長ぶりは著しい。

「170cmと、バレー界では小柄ですが、非常にスピードがあって、シャープなスパイクを打てる。サイズがなくても、ワンタッチ狙いのスパイクもうまい。

 また、スレンダーなスタイルもあって、熱心なファンもついています。彼女は実力とともに、客を呼べる選手に成長しましたね」(同前)

 Vリーグの今後の日程はまだ不透明だが、溌剌プレーで、“黒部の妖精” が全国区になる日は近い。

しらいわらんな
1996年9月21日生まれ 宮城県出身 ポジションはアウトサイドヒッター。注目してほしいプレーはジャンプサーブ。自分自身の性格について、「熱しやすく冷めやすい」


(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)


続きを読む

Related Posts