神田伯山、花田優一にオーダーした40万円の靴が発見されるも「5千円ぐらい靴の方が履きやすかった」と酷評


伯山が演じた型をベースにしている。 1872年7月、東京京橋の花屋に生まれる。幼少期に初代松林圓の高座「中山大納言」「鼠小僧」を聴き講釈師に憧れる。 1883年、2代目神田伯山に入門し神田松山。 1895年、神田伯山と改名し、真打昇進。 1904年、師から名を生前贈与され神田伯山を襲名(3代目)。
10キロバイト (1,114 語) - 2020年5月17日 (日) 12:54



(出典 giwiz-cmspf.c.yimg.jp)


せっかくの40万円の靴なのに5千円の靴に評価が上がるなんて…
酷さ極まりないですね…

続きを読む

Related Posts