【動物虐待】 ペット殺傷や虐待、罰則厳しく 改正動物愛護法が施行へ


動物愛護及び管理に関する法律(どうぶつのあいごおよびかんりにかんするほうりつ、昭和48年10月1日法律第105号)は、動物の虐待等の防止について定めた法律である。略称は動物愛護管理、一般では動物愛護法とする場合が有る。 この法律が目的としているところは、動物
11キロバイト (1,568 語) - 2020年1月22日 (水) 08:14



(出典 www.petwell.jp)


動物も生き物だから殺傷など無くす様に厳しく法改正するのが良いと思います!

1 ストマッククロー(愛知県) [GE] :2020/05/31(日) 15:43:47.53


ペット殺傷や虐待の罰則引き上げなどを盛り込んだ改正動物愛護法が6月1日、施行される。
殺傷に対する罰則を「2年以下の懲役または200万円以下の罰金」から「5年以下の懲役または500万円以下の罰金」に強化。
そのほか、ペットが大量に繁殖し十分に世話ができない「多頭飼育崩壊」の問題も見据え、著しく適正を欠いた密度での飼育も虐待に加えた。

また、みだりに傷つけられた疑いのある動物を診察した獣医師に対し、これまで努力規定だった通報を義務化。
近年、ペットをいじめる様子をインターネット上に投稿する例も確認されており、相次ぐ悪質な虐待事件の早期発見と防止を狙う。

https://this.kiji.is/639709714066719841


(出典 amd.c.yimg.jp)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)



(出典 Youtube)


続きを読む

Related Posts