はちれんは沖縄県産の豚肉と鶏肉が生かされた美味しいスープのラーメン屋さん

 

 

私は最近までの長い年月、沖縄に住んでいました。沖縄で麺料理と言えば、やっぱり「沖縄そば」でしょう。そして沖縄にはたくさんの沖縄そば専門店や、沖縄そばがメニューに入っている料理店もたくさんあります。

 

私は麺料理が大好きですので、沖縄に住み始めてからの数年間は色んなお店で沖縄そばを食べていました。そして沖縄そばが大好きになりました。でもやっぱりたまには「ラーメン」も食べたくなります。

 

そこでいくつかのラーメン屋に行って、色んなラーメンを食べました。その中でとても美味しいラーメン屋さんに出会いました。そのラーメン屋さんの名前は「はちれん」です。

 

今回は沖縄そばの人気にも負けないくらい美味しい、沖縄のラーメン屋さん「はちれん」の魅力などについてご紹介します。

 

はちれんの場所

 

 

このラーメン屋さんは沖縄県の中でも様々なショッピングが出来るお店や大きなホテルなどが立ち並んでいる北谷(ちゃたん)から更に北部にある読谷村(よみたんそん)にあります。

 

読谷村は「日本で一番、人口が多い村」として有名で、キレイな海やレジャーを楽しめる場所がいくつもあります。そんな読谷村にある「はちれん」は以前は沖縄の主要な国道の58号線沿いに、小さなラーメン店として建っていました。

 

私はその道を車で通るたびに店の外に行列が出来ているのを何度も見たことがあります。ですからよっぽど美味しいラーメン屋さんなのだろうと思って、友達と一緒に行ってみました。やっぱりその時にも行列が出来ていたので、店の外で待たないといけませんでしたが、それだけこの店のラーメンに対する期待が膨らみました。

 

 

そして店内に入ることが出来ると、店内はラーメン店らしい雰囲気と沖縄っぽい雰囲気が混ざり合っていていたので、ますますワクワクしました。その後、このラーメン屋さんは別の場所に移転しました。

 

その場所は読谷村役場近くの「読谷村地域振興センター」の3階です。新しい店舗は広くて座席が増えたので、行列での待ち時間は減った気がします。ただ店舗内はちょっと殺風景な感じです。

 

はちれんのラーメンの特徴

 

 

このお店のラーメンのスープは沖縄県産の豚肉と鶏肉、そして北海道産と九州産の魚を使用してじっくりと煮込んで作られています。この豚・鶏・魚介のトリプルスープのバランスが絶妙で、濃厚なのにあっさりとしていて、臭みが無くてとても美味しいところが魅力的です。

 

ですから通常のとんこつラーメンも大好きなのですが、このラーメン屋さんで有名でほとんどのお客さんが食べているのは「つけ麺」です。そしていくつかの種類の「つけ麺」のメニューがあります。「つけめん」(オーソドックスなつけ麺)「辣醤(らーじゃん)つけめん」「梅つけ麺」「特製エビラー油の辛いつけ麺」などなどです。

 

ラーメンの麺は中太ストレートで、もちもち感があって美味しいです。そしてそのつけ汁も、ダシやスパイスの風味がきっちり出てて美味くて、麺を絡めて食べるととても美味しいのです。それに加えて「オールスターズ」というメニューを追加することも出来ます。

 

この「オールスターズ」というのは、チャーシュー、味玉半分、メンマ、海苔、ネギ、ナルト、糸唐辛子などのトッピングを増やすことが出来るメニューで、ラーメンの見た目が豪勢になって、更に食べ応えのあるものになります。一番の人気メニューは「梅つけ麺」のようですが、梅の香りが利いていて美味しいつけ麺です。またエビの香りが生かされた「特製エビラー油の辛いつけ麺」も絶品です。

 

まとめ

 

 

沖縄県の読谷村役場近くの「読谷村地域振興センター」の3階にあるラーメン屋さん「はちれん」は、豚・鶏・魚介のトリプルスープのバランスが絶妙で、濃厚なのにあっさりとしていて、臭みが無くてとても美味しいスープがおススメのラーメン屋さんです。

 

この店で一番有名で人気があるのは「つけ麺」メニューです。「つけめん」(オーソドックスなつけ麺)「辣醤(らーじゃん)つけめん」「梅つけ麺」「特製エビラー油の辛いつけ麺」など、そのつけ麺の種類も豊富です。

 

ラーメンの麺は中太ストレートで、もちもち感があって美味しいです。沖縄での麺料理と言えば、「沖縄そば」を思い浮かべる人も多いかとは思いますが、このラーメン屋さん「はちれん」もおススメです。沖縄に行かれた際には是非、試していただきたいです。