【丸星ラーメン】福岡の老舗ラーメン店!

 

 

今回はとんこつラーメンの聖地「福岡県」から久留米市にある「丸星ラーメン(丸星中華そばセンター)」をご紹介します。

 

九州の「豚骨ラーメン」といえば「一蘭」や「一幸舎」をご存じの方は県外の方でも多いのではないでしょうか?

 

もちろん、「一蘭」も「一幸舎」も抜群にうまいです。

 

でも九州には地元民から愛されてやまない人気のラーメン店が数多くあります。その中でも代表格として有名なのが「丸星ラーメン(丸星中華そばセンター)」です。

 

なんといっても昭和33年頃から愛され続けて50年の老舗ラーメン店です。土日は県外からのお客さんも多く行列ができています。お店の雰囲気は昭和を感じさせるレトロなつくりで、店内は芸能人の方が来店されたときの写真がたくさん飾られています。

 

そして魅力の一つがラーメン一杯「400円!」という破格の安さです。替え玉が「100円」なのでワンコインでお腹いっぱいになります。

 

 

もう一つの名物が「おでん」です。店内に入るとすぐ左手におでんのお鍋が並んでおり、自分で取るスタイルです。おでん(1個90円)は色が濃く、だしのシミシミ感があって、ついつい手を伸ばしてしまいます。

 

【その他メニュー】
・ごはん(120円)
・いなり3コ入り(170円)
・焼きぶた(270円)
・ゆで玉子(50円)
・アイスクリーム(130円)
・お持ち帰り特製生ラーメン3食入り(380円)

 

主役のラーメンですが、具材はチャーシュー(1枚)、ネギ、海苔(1枚)のシンプルな仕立てです。スープはギトギトのとんこつスープでは無く、少しあっさりでコクがあり、うま味の強いとんこつスープです。ほどよい味わいのスープが中太麺に絡み、至福の味わいです。

 

 

麺の硬さは、地元民は「カタ」か「普通」を頼む方が多く、「バリカタ」を頼む人はあんまり見かけません。また、お店には名物の「高菜漬け」と「たくあん」が取り放題です。やっぱり豚骨ラーメンは「紅ショウガ」が外せませんので、もちろん各テーブルに置いてあります。

 

私のオススメの食べ方は、1杯目は麺を「カタ」で胡椒を少々でしっかりとベーシックな丸星ラーメンを味わいます。

 

次に替え玉を「普通」で頼みます。替え玉は届いてすぐに食べると1杯目のカタと同じぐらいの食感です。そこに紅しょうが、高菜をたっぷりと入れて、味変を楽しみます。これがたまらなく「うまい!」です。

 

1回目に食べたときより2回目、3回目に行ったときの方が美味しく感じるのも魅力で、どんどん癖になるラーメンです。私も一時期、中毒になっていました。転勤で近くに住んでいた時期があったので、良く通っていましたが、今は県外で行けないのが非常にさびしいです。

 

 

大阪や東京でも、コテコテ、ギトギト系の豚骨ラーメンは見かけるのですが、丸星ラーメンのようなあっさり目でコクとうま味のある豚骨ラーメンは、なかなか出会えません。ぜひ、3号店を関西に出してほしいのですが・・・と思うぐらい美味しいのと、他では食べれないというプレミア感のあるラーメンです。

 

お店は福岡県の久留米市にあるので、ちょうど福岡県と佐賀県の境目に位置する場所です。車でしか行けない場所になりますが、鳥栖インター国道3号線を南下して10分ほどの場所にありますので、旅行で九州に行かれる際はぜひ立ち寄る価値のある1品です。

 

お店の外観には黄色の看板で「皆様の店 丸星中華そばセンター」と書かれておりますので、直ぐに分かると思います。ただし、平日は定休日がありますので、行かれる際は必ず事前に営業しているか確認をすることをオススメします。

 

また、土日は非常に混んでおり行列となりますので、平日に行くことをオススメします。