チューリップの花言葉は色や本数によって意味が変わる

 

 

チューリップの花には様々な種類が存在していますが、色や本数によって花言葉の意味が大きく異なってきます。

 

春になると彩り豊かに咲く魅力的な花として多くの人に人気がありますが、誰かにプレゼントする際、花言葉の意味をよく理解しておくと非常に便利でしょう。

 

そこで、色や本数などに分けながらより詳しく説明していきます。

 

黄色いチューリップ

 

 

黄色いチューリップの場合、代表的な花言葉は「実らぬ恋」です。

 

その他にも、「望みの無い恋」や「報われぬ恋」などがあります。

 

全体的に恋に関する言葉であることが特徴的で、実ることのない儚い想いを表しているように感じます。

 

恋について悩んでいる人にはなるべくプレゼントしない方がいいですが、実らぬ恋とは対照的に「名声」や「明るさ」、「日光」などを指す場合もあります。

 

こちらはとてもポジティブな言葉であることから、名声を得ようと日々努力しているような方に贈ると喜ばれるかもしれません。

 

赤色のチューリップ

 

 

代表的な赤色の場合、情熱的で熱い想いを秘めた「愛」が花言葉の大きなテーマになります。

 

例えば「告白」や「真実の愛」、「永遠を誓った愛」「ロマンチックな想い」などがあります。

 

恋とは違った深い想いが表現されているので、大切な恋人に贈る色としてもっとも適しているでしょう。

 

出来れば愛を確かめ合える結婚記念日や交際記念日など、二人にとって思い出深い日にプレゼントすると喜ばれるはずです。

 

ピンク色のチューリップ

 

 

女性らしくキュートな印象を与えやすいピンクの場合、「愛情の芽生え」や「誠実な心」「恋する年ごろ」が表されています。

 

ピンク色に相応しいような言葉の数々ですが、ピュアで繊細な恋心を連想することができてとても魅力的です。

 

淡い色味を帯びた花弁が揺れる心を表現してくれているように感じることが出来る為、片思い中の方や好意を寄せている方にプレゼントとして渡すことをおすすめします。

 

真っ白なチューリップ

 

 

混じりけの無い真っ白なチューリップの場合、「失恋」や「新しい恋の予感」を感じさせる言葉が含まれています。

 

失恋は身を削るような悲しい出来事ですが、今は辛くて悲しい状況でも、いずれ新しい相手に巡り合うことができると思わせてくれます。

 

クヨクヨせずに歩きだそうと背中を押すような言葉であるため、自分に自信を失いかけているような方に贈るのが適切です。

 

オレンジ色のチューリップ

 

 

爽やかで明るい印象のオレンジの場合、示す言葉は「照れ屋」になります。

 

少し赤みを帯びたオレンジ色が、照れている人の頬の色と似ていることから表現されるようになりました。

 

また、太陽のように明るい色であることから、陽気で活発なイメージを想像させることもできます。

 

異性に対しては恥ずかしがり屋になってしまう方にぴったりなので、自分からは中々行動を起こせずにいる人におすすめです。

 

黒色のチューリップ

 

 

紫がかった妖艶な魅力を放つ黒色は、「私を忘れないで」と言った強いメッセージが込められています。

 

少しどんよりとした重たさを感じさせる言葉ですが、誰にも自分の存在を無かったことにして欲しくないという気持ちが伝わってきます。

 

贈り物にはあまり相応しくないですが、誰かに自分の存在を知らせたい時などにそっと渡してみるといいかもしれません。

 

花言葉は本数によっても含まれている意味が違ってきます

 

 

花言葉は本数によっても含まれている意味が違ってくるので、色の意味と一緒に本数でも気持ちを伝えることができます。

 

一本の花を貰うだけでも嬉しい気持ちになりますが、数が多い花束は特別な想いを表現してくれるので魅力的です。

 

相手に少しでも喜んで貰えるように、正しい数の意味を理解していきましょう。

 

チューリップを送る際、1本だけを選ぶことで「あなたが運命の人」と言うメッセージを示すことができます。

 

2本の場合は「この世界は二人だけ」という意味になり、5本渡すと「あなたに出会えた喜び」をアピールすることができるでしょう。

 

さらに、7本では「ひそかな愛」を連想させ、10本になると「あなたは完璧」であることを伝えることができるのが特徴です。

 

その他にも、25本送れば「幸せを祈ります」というメッセージになり、40本では「永遠の愛を誓う」ことを約束する言葉になります。

 

50本にもなれば「永遠」であることを強調でき、100本に到達すれば「100%の愛」を誓うことだってできるでしょう。

 

このように本数によって気持ちを上手に伝えることができるので、恋愛において積極的に活用していきたい花の種類になります。

 

しかし、せっかく思いを込めてプレゼントしたのに、相手に気持ちが全く伝わらない状態では空しいだけです。

 

そんな状況を作らせないためにも、渡す際には素直な想いを告げてみることをおすすめします。

 

直接伝えるのが恥ずかしいと感じてしまう場合には、メッセージカードを添えて渡すようにすると伝わりやすいです。

 

チューリップには恋や愛といった美しい感情が沢山含まれているので、今あなたが思っている素直な感情を色や本数に変えて、恐れずに相手に伝える行動力を身に付けるようにしていきましょう。