BABYMETALのライブが2020年1月25、26日に幕張で開かれました

 

 

BABYMETALが2020年1月25、26日に千葉県の幕張メッセ国際展示場で、2020年最初のワンマンライブとなる「LEGEND – METAL GALAXY」ワールドツアー日本公演の追加公演を行いました。

 

2日間で約5万人を収容出来る会場で、圧倒的なパフォーマンスを披露し、観客は大興奮です。

 

昨年10月に3rdアルバム『METAL GALAXY』を世界同時リリースし、アメリカでは20か所にも及ぶツアーを行い、11月に凱旋講演『METAL GALAXY WORLD TOUR IN JAPAN』を行い、今回の追加公演となりました。

 

2日間の追加公演はすべてソールドアウトとなり、大反響を呼んでいます。

 

ライブでは3rdアルバムのテーマでもあるメタルの銀河の旅をイメージし、2日間の公演では同じ曲を演奏せず、セットリストにかぶる曲がないという形で挑戦し見事にやり遂げました。

 

では2日間のライブ内容を詳しく見ていきましょう。

 

1/25 幕張メッセ国際展示場  セットリスト

01:FUTURE METAL
02:DA DA DANCE
03:Elevator Girl
04:Shanti Shanti Shanti
05:Oh! MAJINAI
06:ヤバッ!
07:Brand New Day
08:ギミチョコ!!
09:メギツネ
10:Night Night Burn!
11:THE ONE
12:Road of Resistance

 

 

まず初日は光の力をテーマにして、3rdアルバムのディスク1の収録曲を中心にして全12曲を歌いあげました。

 

オープニング曲 FUTURE METAL が流れると、巨大LEDスクリーンに映し出されたメタルの銀河を旅をしているかのような美しい映像美に観客が一気に引き込まれます。

 

そして次の曲 DA DA DANCE でSU-METALとMOAMETALがステージに登場すると、会場は盛り上がり連続で数曲を披露しました。

 

ライブ初披露曲 Oh! MAJINAI では、楽曲のフィーチャリングゲスト JOAKIM BRODEN が巨大LEDスクリーンに映し出され、ムービーコラボが行われると、会場の盛り上がりは頂点に達します。

 

またスクリーンに映るシルエットだけでダンスを見せるという演出を行なった Brand New Day 、フラメンコやサンバテイストの振り付けが印象的な曲 Night Night Burn! もライブで初披露しました。

 

そして盛り上がったライブもいよいよ終盤へと入っていきます。

 

感動的で壮大な曲 THE ONE で会場は一つとなり、合戦の合図で始まる Road of Resistance ストーリームービーでは、今までのツアーをBABYMETALと歩んできた3人と、屈強なサウンドを奏でてくれる神バンドに加えてもう一組の神バンドが新たに降臨する事が告げられ、会場は大盛り上がりです。

 

こうして初日は最高潮のまま幕を閉じました。

 

1/26 幕張メッセ国際展示場  セットリスト

01 : IN THE NAME OF
02 : Distortion
03 : PA PA YA!!
04 : KARATE
05 : 神バンドソロ〜Kagerou
06 : BxMxC
07 : シンコペーション
08 : ヘドバンギャー!!
09 : Starlight
10 : Shine
11 : Arkadia
12 : イジメ、ダメ、ゼッタイ(全員集合ver.)

 

 

2日目は闇の世界をテーマにして、ディスク2の収録曲を中心にして全12曲を披露しました。

 

初日とは異なるストーリームービーを流した後、左右に広がった花道とステージ奥から、マスクにマント姿のBABYMETALとサポートメンバー3人が登場し、 IN THE NAME OFでライブは始まりシンボルマークをかたどった杖を使ったパフォーマンスを行います。

 

演奏が終わると同時に会場は暗くなりました。

 

次の瞬間、巨大LEDスクリーンが真っ赤に染まり、ダークな世界観の映像をバックにして2曲目 Distortion に入ると、会場はまるで映画の中に引きずり込まれるような感覚になりました。

 

そして次の曲 PA PA YA!! では火花や炎が飛び出す派手な演出の中で、ムービングステージが客席に向かってせり出し、観客はタオルを振り回して大盛り上がりです。

 

さらに KARATE でサポートメンバーの3人が、パワフルなメタルサウンドに乗って空手の型を模したダンスを見せ、SU-METAL、が倒れた2人の手を取るシーンがモニターに流れると、観客は大歓声になりました。

 

ライブの雰囲気が変わったのが、ラップを取り入れたライブ初披露となる曲  BxMxC です。

 

この曲を聴いてラップが新たな新機軸となるというような雰囲気を会場は感じました。

 

その後スピーディーな曲 シンコペーション と、1stシングル曲  ヘドバンギャー!! を披露し、続けて激しく神秘的な光を放つ演出の曲 Starlight と幻想的な曲 Shine で会場は静かな興奮の中、ツインギターが鳴り響くスピードメタルな曲 Arkadia を歌い上げると、ステージで火花が飛び会場は暗闇になりました。

 

こうして3rdアルバムのラストを飾る光3部作で締めくくり、いよいよライブはクライマックスへと進んでいきます。

 

少し間があり、ストーリームービーが流れると、SU-METALとMOAMETALの2人と共に、サポートメンバーの3人と2組の神バンドもステージに集まります。

 

そこで全員で演奏する事が告げられると会場は予想していなかった展開に大盛り上がりです。

 

そして最後の曲に選ばれたのは代表曲の「イジメ、ダメ、ゼッタイ」でした。イントロが流れると、花道の両端からMOAMETALとサポートメンバーのお馴染みのダッシュが始まり、曲の間奏パートではMOAMETALとサポートメンバー達がバトルダンスを繰り広げ、炎が燃え上がる中でSU-METALは絶唱します。

 

さらにSU-METALとMOAMETALとは体を寄せ合い、サポートメンバーと一緒になって会場のお客さんに「We are BABYMETAL!」のコールアンドレスポンスを行い、5人のパフォーマンスによって会場は一つになり、大団円となりました。

 

こうして光と闇という異なるテーマで行った2日間のライブは大成功で幕を閉じる事になります。

 

合わせてエンドロールでは、2020年10月に10周年を迎えるBABYMETALの最終楽章が始動するという事が予告されると、会場はどよめきと共に大歓声になりました。

 

今後さらなる進化を遂げながら、ワールドツアーは続いていく事になるBABYMETALの活動に、注目が集まっています。

 

Related Posts