TE-BD21fの特徴

 

 

TE-BD21fは日本のオーディオメーカー、AVIOTが発売した自信作のイヤホンで、ハイブリッドトリプルドライバーを搭載しているのが特徴です。

 

これは完全ワイヤレスイヤホンとしては初の快挙で、上質なサウンドを追求し続けるAVIOTならではの挑戦の結果です。

 

意欲的な商品なのでそれだけでも注目度は高いですが、単に物珍しさだけでなく、完成度の高さでも注目されています。

 

機能的にも妥協はありませんし、デザインも使い勝手の良さも高いレベルですから、価格からするとかなりの満足度だといえるでしょう。

 

省電力設計で長時間の連続再生に対応したり、専用の充電ケースで簡単に保管できる点も魅力的です。

 

激戦区の1万円台の中でも、高評価を獲得しているイヤホンですから、比較候補に加えたり試聴してみる価値があります。

 

 

TE-BD21fとTE-BD21f-pnkの違い

 

 

TE-BD21fとTE-BD21f-pnkは、前者が基準となる通常モデルで、後者はプロのミュージシャンとのコラボによる独自チューニングという違いがあります。

 

TE-BD21f-pnkは凛として時雨のドラマー、ピエール中野氏が監修している特別モデルで、音質の拘りが通常モデル以上に高いのがポイントです。

 

ピエール中野氏はイヤホンマニアとして知られますから、音を知るプロの視点で理想の音質が追求されています。

 

具体的には歪み感を更に抑え、高音が伸びるようになったり、ボーカルが間近に感じられるなどが大きな変更点です。

 

他にも、ドラマーらしくドラムの響きが感じられるチューニングで、特に低音域に特徴を持たせています。

 

この特別モデルのTE-BD21f-pnkには、専用のセミハードケースとストラップが付属するので、ファンにとって満足度の高い商品に仕上げられているといえます。

 

後に通常モデルにもこれらの付属品がつくようになったので、TE-BD21f-pnkからTE-BD21fに逆輸入された形です。

 

いずれにせよ、基本的な機能はどちらも同じですから、音質の違いが主な差で、好みに合わせて選んだり使い分けて楽しむことができるでしょう。

 

AVIOT アビオット TE-BD21f-BK の商品スペック

ハイレゾ音源
ノイズキャンセリング機能
形状
完全ワイヤレス
イヤホン形状
カナル型
連続再生時間
7時間
充電時間
2時間
ハンズフリー通話
対応
リモコン
防水
有 ※IPX5
Bluetooth
対応
Bluetoothバージョン
5
Bluetoothプロファイル
A2DP
AVRCP
HFP
HSP
対応コーデック
AAC
SBC
apt-X
ドライバーユニット
ダイナミック型
ブラック系
重量
5.4g
その他
【主な仕様】
●駆動方式:ダイナミック型及びバランスドアマチュア型ドライバーによる複合型
●ドライバー:ダイナミック型 x 1基、バランスドアマチュア型 x 2基
●通話用内蔵マイク:MEMSマイク
●再生周波数:20Hz – 20kHz
●イヤホン重量:約5.4g
●最大通話時間:5時間
●最大再生時間:7時間
●充電時間:約2時間
●対応コーデック:SBC、AAC、aptX
●対応プロファイル:A2DP、AVRCP、HFP、HSP
●充電ポート:USB Type C
●防水規格:IPX5
●Bluetooth version:5.0
●Bluetoothマルチペアリング 登録可能デバイス数:7
●Bluetoothマルチポイント:1デバイス【付属品】
●USB Type C ケーブル1本
●標準イヤーピース 各サイズ1色1ペア S/M/L
●SpinFit CP355 各サイズ1ペア SS/S/M
●シリコンストラップ
●ユーザーマニュアル
●製品保証登録カード

 

TE-BD21fのデザイン

 

 

TE-BD21fは、引き締まって高級感のあるブラックを始め、洗練されたシルバーや魅力的なピンクがラインナップに用意されています。

 

形状は筒型でボリュームつまみのようにも見えますが、癖はないので万人受けするデザインです。

 

飽きがこないとも言い換えられますし、どのようなシーンでも違和感なく着用できる感じです。

 

耳に入れるとあまり飛び出しませんから、そこに日本人の耳を知るAVIOTらしさが窺えますし、実際に使ってみると満足できるはずです。

 

海外メーカーやブランドのイヤホンは、サイズが大きかったり曲線を多用することで、個性が際立つ傾向があります。

 

その点、TE-BD21fは無個性というほど埋没したデザインではなく、癖が控えめなので安心して使えます。

 

愛用するほど良さが滲み出てくるので、味わって魅力を噛み締めたい人にマッチするデザインだと考えられます。

 

角がシャープに尖った部分はありませんし、どこに触れても指に馴染みますから、耳に装着して痛みを感じる恐れもないです。

 

控えめながらも光沢感が備わるので、光沢好きな人もマット派の人も見逃せないでしょう。

 

ケースは横長のデザインでコンパクトですから、イヤホン本体と一緒に持ち歩きやすく旅のお供にも役立ちます。

 

TE-BD21fの音質

 

 

音質面におけるTE-BD21fは、フラットなバランスで聴く音楽のジャンルを選ばず、スタジオでプロが使用するモニターのような真面目さがあります。

 

一見すると地味だと思われがちですが、特定の周波数にとげがないので、耳に感じる刺激が抑えられ聴きやすくなります。

 

TE-BD21fでは、低音域での歪みが抑えられていますから、ベースやドラムといった低音楽器の音階が今まで以上に聴こえてくるでしょう。

 

低音楽器は音楽の土台なので、リズム感が楽しさを高めますし、純粋に様々な音が聴こえる喜びが感じられます。

 

従来のワイヤレスイヤホンはその仕組み上、音質を妥協した製品が多かったわけです。

 

しかし、TE-BD21fは有線と遜色ないくらいまで音質が高められているので、線がない解放感なのに音が良いという不思議な感覚が覚えられます。

 

低音が特徴的なイヤホンは、ボーカルやギターといった音域をマスクしますから、音楽の美味しいところが聴こえにくかったりします。

 

逆に高音域に特徴があると高解像度に聴こえますが、長時間の音楽鑑賞では耳に刺激が残ります。

 

フラットバランスのTE-BD21fだと、低音も高音も過不足なく、中音域も良く聴こえるので音楽がより楽しくなります。

 

TE-BD21fはこんな人におすすめ

 

 

TE-BD21fがおすすめなのは、予算が1万円台で音質重視のイヤホンが欲しい人、あるいは日本のメーカーで日本人に合うイヤホンが欲しい人です。

 

過去にワイヤレスイヤホンで不満を覚えていた人も、AVIOTのTE-BD21fなら違った印象を抱くでしょう。

 

フィット感はイヤーピースも影響するので断言はできませんが、少なくとも日本人が設計したイヤホンですから、耳にフィットする人は少なくないはずです。

 

特定のジャンルを好む人にもおすすめですが、雑食で良いと思った曲を何でも聴く人にも最適です。

 

フラットバランスの高音質ですから、ポップスからクラシックまでカバーしますし、ジャズやアニソンも楽しく聴けます。

 

実力派の歌手が歌う硬派な楽曲も高音質に楽しめるので、演歌や歌謡曲が好きな人もおすすめの対象です。

 

ロックというと歪み感や迫力が重要ですが、TE-BD21fは上品になり過ぎませんから、ロックも十分に楽しめます。

 

連続7時間再生に対応しているので、通勤や通学にも最適ですし、長時間の移動が多い人のお供にもなるでしょう。

 

ノイズキャンセリング機能はありませんから、騒音が多い環境だと気になりますが、フィット感が良いのでそれほど心配はないです。

 

音楽だけでなく、通話やゲームに動画鑑賞にも使えるので、あれこれと楽しみたい人に向いています。

 

ワイヤレスなので多少の遅延はあるものの、楽器練習のようにシビアな用途でなければ大丈夫です。

 

周囲に気をつける必要はありますが、ランニングやトレーニング中のモチベーションアップにも使えますから、改めてTE-BD21fはやはり万能です。

 

最初の1曲だけでも驚きますが、使っていくと更に良くなっていきますから、その変化が楽しめるのも魅力的なところです。

 

Related Posts