Noble audio FALCON (NOB-FALCON)の特徴

 

 

NOB-FALCONは、完全ワイヤレスのトゥルーワイヤレスイヤホンです。

 

また、ハイエンドイヤホンブランドのWizardで知られる、ジョン・モールトンがチューニングを手掛けているので、一般的なイヤホンとは一味異なる音が楽しめます。

 

 

メーカーのNobleは、聴覚学者で聴覚専門医の肩書を持つ、このジョン・モールトン博士によって設立されています。

 

人の耳を知り尽くす博士が立ち上げたメーカーですから、Nobleから生まれるイヤホンは皆、人の聴覚にフィットする物ばかりです。

 

いわばNOB-FALCONはNobleの集大成で、音質と接続安定性を犠牲にすることのない、まさに完成形を目指して作られた製品だといえるでしょう。

 

 

FALCON NOB-FALCONの機能

 

 

NOB-FALCONの機能はQUALCOMM製のSoC、QCC3020を搭載することで、様々な音楽ファイル形式に対応している点が挙げられます。

 

更に、高性能バッテリーを組み合わせることで、省電力性を引き上げて最長10時間の連続再生を実現しています。

 

小型充電ケースを用いれば、最長40時間まで使用可能になりますから、長時間の移動が多い人に朗報です。

 

接続の安定性を重視して設計されているので、様々なデバイスとの相性が良く、どのBluetoothデバイスと接続しても途切れる心配は小さいです。

 

Bluetoothのバージョンは5で、Class2のオーディオ再生とマルチペアリングが可能です。

 

プロファイルはA2DPを始めとして、AVRCPやHSPにHFPもカバーします。

 

対応コーデックはSBCやAACにaptXですから、対応していないデバイスを探す方が難しいでしょう。

 

ドライバーは新開発のデュアルレイヤードカーボンで、無理なく可聴域を含めた20Hz~20kHzまでの再生に対応します。

 

全指向性マイクの内蔵により、高性能なノイズキャンセリング機能も実現していますから、騒音環境下でも快適です。

 

個性的な機能というよりは、既存の機能をブラッシュアップして、全体的な完成度が大幅に引き上げられた感じです。

 

Noble Audio  NOB-FALCON の商品スペック

形状
完全ワイヤレス
イヤホン形状
カナル型
連続再生時間
10時間 ※70%音量時
5.5時間 ※最大音量時
充電時間
1時間 ※本体
1.5時間 ※充電ケース
ハンズフリー通話
対応
防水
対応 ※IPX7
Bluetoothバージョン
5
Bluetoothプロファイル
A2DP
AVRCP
HFP
HSP
対応コーデック
SBC
AAC
aptX
ブラック系
その他
●チップセット:Qualcomm QCC3020(TWS Plus対応)
●ドライバー:Φ6mm Dual-layered Carbon Driver(D.L.C)
●再生周波数帯域:20Hz-20,000Hz
●マイク:全指向性/クアルコムCVC8.0 ノイズキャンセリング対応
●Bluetooth仕様:Version5.0/Class2/マルチペアリング対応
●Bluetoothプロファイル:A2DP,AVRCP,HSP,HFP
●対応コーデック:SBC,AAC,aptX
●本体電源:DC3.7V 60mAhリチウムポリマー充電池(内蔵式)
●充電ケース電源:DC3.7V 400mAhリチウムポリマー充電池(内蔵式)
●連続再生時間(最大):5.5時間(最大音量時)/10時間(70%音量時)
●連続通話時間(最大):6時間(最大音量時)/12時間(70%音量時)
●充電時間:イヤホン約1時間/充電ケース約1.5時間
●使用温度範囲:摂氏マイナス20度~60度(結露なきこと)
●耐水性能:IPX7
●付属品:充電ケース/ポーチ/USB Type A- Type Cケーブル/イヤーチップ(S/M/L)/ユーザーズガイド

 

FALCON NOB-FALCONのデザイン

 

 

デザインは癖がなく耳にフィットする曲線で、派手過ぎず地味でもない形状です。

 

カラーはブラックがベースで、マットな質感が格好良さや大人っぽさを引き立てます。

 

ややメタリックなブルーがアクセントですから、ブラック一色の個性とは違い、長く楽しめる良さを感じさせます。

 

本体の保護を兼ね備えるケースは専用の物で、充電機能を持つことからやや大きめですが、持ち運びできないほどではないです。

 

形状的にはメガネケースに近く、その厚みを増した物を想像すると、実物に近いイメージが頭に思い描けるはずです。

 

やはりカラーリングは本体と共通で、蓋の部分にNobleのロゴが入っていることから、ひと目でNOB-FALCONのケースだと分かります。

 

側面下部に充電ポートを備えていますから、パソコンやACアダプタと繋げば、簡単に充電を始めることができます。

 

見た目のデザインは、本体とケース共にシンプルですが、決して無個性というわけではなく、むしろ控えめなのが個性だといえます。

 

目には見えませんが、チューニングのデザインも癖なく飽きがこない塩梅なので、使えば使うほど良さに気がつくでしょう。

 

男性だけでなく女性の耳にもフィットしますから、カラーが気に入れば十分にイヤホンの選択候補に加えられます。

 

FALCON NOB-FALCONの音質

 

 

NOB-FALCONが注目を集める理由は、何といっても価格帯からは想像できない音が出ることです。

 

音質はチューニングに拘っているだけあって、何処か突出している部分はなく、低音も高音も過不足なく聴こえます。

 

全体的にクリアなのに、迫力が削がれることはなく、今まで聴こえなかった小さい音に気がつける快感すらあります。

 

滑らかなので耳に余計な刺激がありませんし、長時間連続して音楽を聴いても、極端な聴き疲れには至らないでしょう。

 

勿論個人差は存在しますが、ノイズキャンセリング機能を搭載していることからも、長時間の使用を前提に設計されているのは確かです。

 

録音の質が高い音源については、左右方向だけでなく奥行きも感じられるので、まるで3Dに展開するようなライブ感のある音楽が味わえます。

 

ドラムは適度なアタック感がグルーブを感じさせますし、ボーカルは聴き取りやすく、ベースも他の帯域を邪魔しない程度に音楽を下支えします。

 

帯域のバランスはフラットですから、一聴すると地味ですが、低価格の商品とは音作りの方向性が異なり、聴けば聴くほどバランスの良さに気がつける作りとなっています。

 

音源が録音された空間の広さが分かりますし、コーラスは分離して聴こえますから、立体的な音のハーモニーが楽しめるでしょう。

 

FALCON NOB-FALCONはこんな人におすすめ

 

 

NOB-FALCONがおすすめなのは、接続の安定性が優れるワイヤレスイヤホンを求める人や、長時間高音質の音楽を楽しみたい人です。

 

完成度の高さからすると、万人受けしやすく誰にでもおすすめできますし、1万円台のイヤホンを探している人にもおすすめです。

 

いわゆるドンシャリチューニングのイヤホンに飽きていたり、インパクトや個性ではなく、質の高さを求めたい場合にも最適です。

 

ノイズキャンセリングイヤホンと考えても、機能や性能は十分に高いですから、音質に拘らない人も満足できるでしょう。

 

長時間再生ができる上に、連続して聴き続けてもバッテリーが持つので、充電の回数を減らせるのが魅力的です。

 

しかも、充電は専用のケースにセットするだけですから、充電を忘れていざ使おうとしたらバッテリー切れ、そういう事態が避けられます。

 

ワイヤレスイヤホンなので、小物を良くなくす人は要注意ですが、フィット感は良好ですから、万が一耳から外れても直ぐに気がつけます。

 

 

嬉しいことに防水機能もあるので、熱湯でなければ耐えられますから、例えばシャワーを浴びながら音楽を聴くといった楽しみ方ができます。

 

目を瞑ればそこにはライブ感のある音が広がるので、夢のような時間が過ごせるでしょう。

 

このような使い方はリラックスに最適ですし、気分転換にもなりますから、音楽の楽しみ方の1つとしておすすめできます。

 

 

 

逆におすすめしない人の方が難しいほどで、フィットするイヤーピースを使えばランニングも安心ですから、やはり誰にでもおすすめ可能だと結論づけられます。

 

単純に、新しい評判のイヤホンを使ってみたい、という動機で選ぶのも勿論ありです。

 

Nobleのイヤホンが初めての人にも、NOB-FALCONならおすすめに値します。