いぜな尚円王まつりはみんなで楽しめるお祭り

 

 

いぜな尚円王まつりは沖縄県の島尻郡にある離島、伊是名(いぜな)島で毎年8月頃に行われるお祭りです。

 

島を挙げて祭りを楽しむ夏の一大イベントには島内外から多くの人が訪れて、とても賑わいます。

 

今回はそんな「いぜな尚円王まつり」の魅力などについてご紹介します。

 

1.いぜな尚円王まつりの名前の由来

 

 

伊是名(いぜな)島は琉球王統第二尚氏の始祖、尚円王(しょうえんおう)金丸の生誕地として知られています。

 

そしてその事実をアピールするために、島の一大イベントの夏祭りの名前が「いぜな尚円王まつり」となっています。

 

2.いぜな尚円王まつりで楽しめること

 

 

このお祭りは土曜日と日曜日の2日間、午前9時から夜の10時頃まで開催されます。

 

そして午前中から日中には島ハーリー大会、サッカー大会やグランドゴルフ大会、小学生以下を対象にした浅瀬での特産品つかみ取りなどが行われます。

 

そういうイベントに参加して楽しむのも良いですし、参加者たちの奮闘ぶりを見学するのも楽しめます。

 

また夕方からは野外ステージで伊是名島の新しい伝統芸能として定着している伊是名尚円太鼓、地元出身のミュージシャンによるライブや民謡ショーなど様々なパフォーマンスなどが行われます。

 

その野外ステージの前にはたくさんの人たちがシートをひいた上に座って、飲み食いしながら一緒に盛り上がっています。

 

ですのでそこに集まっている人たちとの交流も楽しむことが出来ます。

 

また野外ステージの後方エリアにはたくさんの屋台が出ています。

 

沖縄そば、焼きそば、たこ焼き、フランクフルトなど色んな種類の食べ物を安く食べることが出来ますし、ビールやジュースなどの飲み物をたくさん売られています。

 

ですのでその飲食物を屋台で買って、野外ステージで行われるパフォーマンスを見たり、周りの人たちとお喋りするのはとても楽しいです。

 

3.花火大会&レーザーショー

 

 

祭りの最後には打ち上げ花火とレーザーショーが行われます。

 

伊是名島の夜空にはきれいな星が出ていますので、それを見るだけでも感動するのですが、そこに盛大な花火が打ち上げられると、更に感動します。

 

 

そして花火と一緒に夜空にレーザーが映し出されて、とてもキレイで、歓声が沸き上がります。

 

このダイナミックで美しい花火とレーザーショーを見終わった時には、とても満足した気持ちになることが出来ます。

 

4.いぜな尚円王まつりの開催場所とアクセス

 

 

いぜな尚円王まつりが開催されるのは、仲田港に隣接する伊是名村臨海ふれあい公園外ステージです。

 

この仲田港は沖縄本島にある運天港から出るフェリーの乗り降りする港です。

 

このいぜな尚円王まつりを楽しむためには、沖縄本島の運天港から出るフェリーに乗って伊是名島に行く必要があります。

 

このフェリーは1日に2便しかありませんし、車を乗せていく場合には台数が限られていますので、事前に予約をする必要があります。

 

フェリーの運航時間は55分で、料金は大人で往復3,500円かかります。

 

でもいぜな尚円王まつりへの入場料は無料ですし、とても楽しいお祭りですので行く価値は絶対にあります。

 

まとめ

 

 

沖縄県の島尻郡にある離島、伊是名(いぜな)島で毎年8月頃に土曜日と日曜日の2日間、行われるお祭りです。

 

午前中から日中には島ハーリー大会、サッカー大会やグランドゴルフ大会、小学生以下を対象にした浅瀬での特産品つかみ取りなどが行われます。

 

夕方からは野外ステージで伊是名島の新しい伝統芸能として定着している伊是名尚円太鼓、地元出身のミュージシャンによるライブや民謡ショーなど様々なパフォーマンスなどが行われて、沖縄の賑やかな雰囲気を満喫することが出来ます。

 

そして祭りの最後には打ち上げ花火とレーザーショーが行われてとても感動します。

 

このお祭りを楽しむためには沖縄本島の運天港から出ているフェリーに乗る必要がありますが、とても楽しめるお祭りでおススメです。

 

Related Posts