【ファッション】ティファニー株主の99%がLVMH傘下入りを承認 買収額は1兆6200億円に引き下げ

LVMH モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン(エルヴェエムアッシュ モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン、仏: LVMH Moët Hennessy ‐ Louis Vuitton SE)は、フランス・パリを本拠地とするコングロマリットである。ユーロネクスト・パリ上場企業(Euronext: MC )。
10キロバイト (753 語) – 2021年1月3日 (日) 16:23

(出典 media.wwdjapan.com)
ティファニーがLVMHの傘下ですか😳
収支状況が良くなれば良いですね❗️
1 ぐれ ★ :2020/12/31(木) 20:05:34.80

※WWD

 LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)によるティファニー(TIFFANY & CO.)の買収について、ティファニーの株主は1株あたり131.5ドル(約1万3500円)、総額158億ドル(約1兆6200億円)での身売りを承認した。買収を発表した2019年11月当初は、1株あたり135ドル(約1万3900円)、総額162億ドル(約1兆6600億円)を予定していたため、LVMHはおよそ400億円の引き下げに成功した形だ。
 12月30日に実施した臨時株主総会で決議され、全体の約99%にあたる8800万票が賛成に回り、反対はわずか10万7000票だった。

 買収が実現すれば、LVMHがティファニーをどう運営していくかが次の焦点となる。アレッサンドロ・ボリオーロ(Alessandro Bogliolo)ティファニー最高経営責任者(CEO)や、リード・クラッコフ(Reed Krakoff)=チーフ・アーティスティック・オフィサーの進退に注目が集まる。情報筋によると、ティファニーの次期CEOの最有力候補の1人は、アンソニー・ルドリュ(Anthony Ledru)LVMH グローバル コマーシャル アクティビティーズ部門エグゼクティブ ヴァイス・プレジデントだという。ルドリュ氏はかつて北米事業のヴァイス・プレジデントを勤めた人物だ。また、ベルナール・アルノー(Bernard Arnault)LVMH会長兼CEOの次男で、ティファニー視察時に同行していたアレクサンドル・アルノー(Alexandro Arnault)=リモワ(RIMOWA)CEOも経営に携わるとみられている。

https://www.wwdjapan.com/articles/1162279


(出典 media.wwdjapan.com)


(出典 Youtube)

続きを読む

Related Posts