【麒麟がくる】ダーティーなイメージを覆した長谷川博己「光秀」の大義は

長谷川 博己(はせがわ ひろき、(1977年〈昭和52年〉3月7日 – )は、日本の俳優。愛称は「ハセヒロ」。東京都出身。ヒラタオフィス所属。 中央大学文学部卒業。在学中はマガジンハウスでアルバイトをしていた。2001年、文学座附属演劇研究所に入所(第41期生)。
24キロバイト (2,731 語) – 2021年1月3日 (日) 11:47

(出典 npn.co.jp)
明智光秀は織田信長からの恨みがが爆発して本能寺の変を起こしてしまいましたから織田信長の裏切り者役を演じるのは違和感ありますけど、そういうストーリーでの主役ですから最終回まで頑張ってください❗️
1 ネプチューンc ★ :2021/01/03(日) 11:16:29.59

一気に動き出すNHK大河「麒麟がくる」これからの見どころ
「明智光秀が大河の主役」と聞いた時は、正直、1年間やれるのかと思った。

 そもそも、道行く人に「明智光秀のイメージは?」と聞いたところで、「敵は本能寺にあり」「三日天下」「細川ガラシャの父」くらいしか出てこないのでは。

 ユダ、ブルータスと並ぶ“世界三大裏切り者”のひとりに挙げられる、歴史的「裏切り者」「反逆者」。そんなダーティー光秀を主役にしたところで、いったい誰が見るのか、と。

 そして、2020年1月。理由あって、当初の予定から2週間ほど遅れてスタートした初回放送を見て、その面白さに釘づけになった。

 特に長谷川博己演じる明智十兵衛光秀のさわやかな好青年ぶり。こんな人格者がなぜ死後400年以上経った今も「裏切り者」呼ばわりされているのか、俄然興味を持った。

以降ソースにて
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/283332
ダーティーなイメージを覆した長谷川博己「光秀」の大義は
公開日:2021/01/03 06:00 更新日:2021/01/03 06:00

https://historywithkids.com/taiga-hasegawa02/

続きを読む

Related Posts