【芸能】加藤浩次、洋画は吹替派「ケータイだと字幕見づらい」

加藤 浩次(かとう こうじ、本名:加藤 浩二、1969年4月26日 – )は日本のお笑いタレント、俳優、司会者、ニュースキャスター。お笑いコンビ・極楽とんぼのツッコミ担当。 北海道小樽市出身(出生地は札幌市厚別区)。小樽ふれあい観光大使。 吉本興業(東京吉本)とエージェント契約で在籍。所属は個人事務所、加藤世田谷本店株式会社。
53キロバイト (7,677 語) – 2020年12月25日 (金) 08:10

(出典 news.biglobe.ne.jp)
映画はスマホで見るものですかね🎥
映画館じゃなくてもテレビで見るのが良いと思いますね📺️
洋画は吹替・字幕でもどっちでも良いですね🎥
1 フォーエバー ★ :2021/01/03(日) 12:04:30.64

お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次(51歳)が、12月31日に放送されたラジオ番組「アッパレやってまーす!」(MBSラジオ)に出演。洋画は“吹替派”だと明かした。

この日、洋画は字幕が苦手で吹替しか観ないというリスナーからのお便りをもとに、トークを展開。極楽とんぼ・山本圭壱は、リスナーに理解を示しながらも、自身は字幕派だといい、その理由を「吹替は吹替で、違う感情でしゃべってるような(気がする)」と語る。

すると、加藤は「でも、最近の吹替すごいよ。うまいっていうか、すっげぇ良いなと思うのよ。オレだから結構、Netflixとかそっちのほうは吹替になってきてる」と、吹替の魅力を説き、「全然、全く遜色ないもん。結局、ケータイとかで観るようになったら、(字幕の)文字、見づらいじゃん。画面が小っちゃいからさ。そうしたら吹替でも全然いいなぁ、と思ってきてる」と、現在は吹替派になったのだという。

この話に、山本は「あなた、どこでケータイで観てるの?」と質問。加藤は「家。だいたいダウンロードしてるの。(家の)部屋で観てるときもあるし、外に出て、ちょっと時間あったりして、楽屋に一人でいたりしたら観てたりするの」「(家のテレビは家族の)誰か観てたりするじゃん。自分の部屋にもテレビはある…なんかオレ、ケータイのほうが良いんだよね」と語り、山本は「イマドキの子じゃねえんだから」とツッコミ、バイきんぐ・小峠英二も「そうですよね、イマドキの子の発言ですよね、今のは」と山本に同意した。

2021/01/02 23:17
https://news.nicovideo.jp/watch/nw8741257?news_ref=50_50

(出典 i.imgur.com)

https://www.bb-navi.com/cm-douga/CMitohideaki.89084.html

続きを読む

Related Posts