黒沢年雄「紅白は最悪だった。それにしても殆ど知らない曲。長い歌詞に大声で叫ぶだけ。郷愁全く無い」

黒沢 年雄(くろさわ としお、19442月4日 – )は、日本の俳優・歌手。本名・旧芸名(2000に改名)、黒沢 男(読み同じ)。株式会社プロダクション・クロ代表取締役。弟は黒沢博(元ヒロシ&キーボー)。妻は街田リーヌ(本名・街子、旧姓・宮崎)、娘は元女優の黒沢レイラ(旧芸名・三井万裕美、本名・裕美)。
31キロバイト (4,122 語) – 2021年1月2日 (土) 14:08

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
紅白の感想は人それぞれですけど黒沢氏などの年代にとってはNiziUなど新入りの若手アーティストの歌は合わないでしょうからね😞
紅白出場アーティストの方々、お疲れ様でした❗️
1 アムールヤマネコ(愛媛県) [US] :2021/01/02(土) 19:07:13.49

黒沢年雄、年末の紅白は「理解に苦しむ最悪の歌番組だった…僕は」

 歌手で俳優の黒沢年雄(76)が1日、ブログを更新し「年末の紅白歌合戦は理解に苦しむ最悪の歌番組だった…僕は」との思いをつづった。

 黒沢は「年末の紅白歌合戦は理解に苦しむ最悪の歌番組だった…僕は」と切り出し、その理由について「ただ騒ぎ立てふざけて進行する…他の歌番組も同じ構成」と説明した。

 「それにしても殆ど知らない曲が大ヒット…(すいません…僕の勉強不足)」と自らの勉強不足も反省しながら「長い歌詞に大声で叫ぶだけで心に伝わってこない…」との思いを吐露。

 「ヒット曲はその時代を反映し思い出に浸る…郷愁が全く無い…」ともつづり「やりきれない気持ちを持ちながらベッドに入った…時代遅れの自分に自問自答しながら…」と、自分も“時代遅れ”としながらも、今年の紅白への思いをつづっていた。

https://www.daily.co.jp/gossip/2021/01/02/0013979467.shtml


(出典 Youtube)

続きを読む

Related Posts